毎日10回×7日やり問題を解くのか、問題を解いてから毎日10回×7日やれば良いのでしょうか?

私は現在高2で来年の入試まで1年になり、ホームページを拝見致しました。
現代文の偏差値が30代なので焦りを感じています。

毎日10回×7日やり問題を解くのか、問題を解いてから毎日10回×7日やれば良いのでしょうか?
教えてください。
よろしくお願い致します。

「毎日10回×7日やり問題を解くのか、問題を解いてから毎日10回×7日やれば良いのでしょうか?」の続きを読む…

偏差値55の私

偏差値30、40から現代文を上げるのは、白紙の状態であるから頑張ればいけるとありましたが
偏差値55という微妙なところにいる私は現代文を上げずらいのでしょうか?

他のことでも同じではないですか?
野球をやったことのない高校生にバッティングを教えるのと
少年野球から自分流にバッティングの癖を持っている高校生なら、間違いなく以前からの癖が邪魔をします。

偏差値30、40は全く勉強を取り組んでなかった方です。
その方とあなたを比べれば、吸収具合は違うと思います。
もちろん、偏差値30、40の方が一気に上がるとは言い切れませんがね。
しかし、そんなことを考えなくても良くないですか?
あなたはあなたしかありません。

目標を決めて取り組むという前向きな気持ちをもって進みましょう。
「どうせ・・・」みたいな気持はもつと思います。
私も泣き、凹み、悩みの生活をしていました。
しかし、誰しもがそうです。

がんばって下さい。
偏差値55のあなたもしっかりと取り組めば上がるはずですよ。

試験まで3ヶ月

はじめまして。
いきなりですが、1つの問題文を読みまくることは理解できました。
では、その問題文の設問は解かずに次の問題文へ移って良いのですか?
また、あと試験まで3ヶ月です。
1つの問題文を100回読むことを今から始めても間に合いますか?
長々とすいません。お願いします。

文章をしっかりと読み解く、理解することが第一の目的です。
1日10回ずつ、20回ずつでも結構です。
1つの文章を理解できるまで読んでください。

文章を理解することとはどういうことかを経験していただけます。
そこまで読んで下さい。
回数は、目安です。
1日10回を毎日続ける。
1日20回を毎日続ける。
あなたが3か月しかないというのなら、人生であと3カ月しか勉強をしないと決めたなら、毎日30回でも理解できるまで読むことができるはずです。
しっかりと続ければ間に合うとあなたが信じてやっていかないと成果はでません。
自分のやっていることは、自分のためである。
絶対に受かる!
毎朝、目標の紙を読んでいますか?
しっかりとサイトを見直し、勉強法に向かって下さい。
頑張ってください。

受験のときに問題文を1回読むだけで理解できるようになるのですか?

すごく良い方法だなと思いやってみようと決意の紙を書きました。
受験の科目は現代文だけなのですが、あと1か月で受験です。
現代文は得意な方ではありません。
毎日問題文を10回読んでいれば
受験のときに問題文を1回読むだけで理解できるようになるのですか?

それと、あと1か月という短い時間で今からでも間に合いますか?
質問多くてごめんなさい。

決意の誓いを書いたのはすばらしいことです。
ぜひ、決意に従うようにして下さい。

受験の科目が現代文だけということは、他の教科は何もしなくても良いので十分に時間があるということです。
他の方に比べれば、1教科というのは非常にありがたいことです。
1日20回、30回同じ文章を読んでください。
読んで読んで、暗記するレベルで読んでください。
そうすれば、文章の理解の仕方が自然と体に入ってくるはずです。

そして、どこかで気持ちの良い自分に合った文章に出会うはずです。
何かについて語っている評論に、「へえ、そんなことを考えているんだ」とか「それは俺の考え方とは違う」と
つい思ってしまう文章に出会うはずです。

そうすれば儲けもの
受験勉強から少し離れて現代文と向き合えるはずです。

1ヶ月なら、なおさら、あと30日の地獄のような勉強で夢のような4年間の大学生活が始まると思えば、30日間は勉強をしても損はしないはずです。
がんばってください。

国語の偏差値が32、高校3年間の間での最高偏差は41

すべて見させていただきました。
私は高3なのですが、国語の偏差値が32です。
高校3年間の間での最高偏差は41です。
こんな私もこの方法をし続けたら伸びるのでしょうか?
質問なもですが、赤本はぎりぎりまでしないと書いてありましたが、いつごろから始めるのがベストですか?

高校3年生の夏、一番成績が伸びる季節と言われております。
最高の偏差値が41というのは、すごい記録です。
ということは、国語のことはあまりよく理解できていない状態ですね。
偏差値55の方が、65になるのは大変ですが、30、40の方は理解していけば、0の状態ですから大丈夫です。
もちろんご存知とは思いますが、私も偏差値37でした。
高校で後ろから2番目。

現代文を何度も読んでください。
どなたかにもっと効果的な方法を聞いたことがあれば、そちらでも良いですが、私はこの方法で成績を上げました。
ぜひ、がんばって下さい。

赤本はセンター後で、良いと思います。
センター後は、もう開き直って、学習するしかないです。
毎日積み重ねていきましょう。

高2の前期中間定期考査

高2の前期中間定期考査が終わり、現代文古典ともに最悪な結果だったのですが、現代文の定期考査後の復習とかってどうすればよいのでしょうか。
方法を教えてください。

あなたの偏差値はどのくらいですか?
最悪というのは、偏差値30、40、50?
あなたの状態がなんとも分かりませんが、私がホームページに書いている、目標を立て紙に書き、いつもしっかりと見ていますか?
志望校は決まっていますか?
現代文の問題集を毎日10回読んでいますか?
まだ高校2年生です。
私も浪人の1年間で取り返しました。時間はまだあります。
しっかりと行きたい大学を決め、その大学に行って何をしたいかを決めて下さい。
そして、現代文の問題集を手に取り、毎日「本当にあいつの言うことで大丈夫かよ!」と言いながら10回読み続けて下さい。
最初は、「本当にあいつの言うことで大丈夫かよ!」と言っていながら、ある程度したら、「あれ、ちょっとわかるぞ!」に変わる時を私は楽しみにしています。
ぜひ、お試しください。
継続はチカラ、でも、ほとんどの人が諦めるからやっている人は勝つのです。
がんばって下さい。

駿台記述模試で国語偏差値29でした。

駿台記述模試で国語偏差値29でした。
現代文が凄い出来ないので何回もキャッボールしようと思うのですが、 記述とかも出来るようになるものでしょうか?

三世さん、大丈夫です。
私も偏差値30台を連発したことはありますが、最後のセンターで見事80割を取りました。

さて、内容の件ですが、あなたは自分自身のことを文章で書くことができますか?
または誰か友人の紹介文を書けますか?
書けるはずです。
なぜ、紹介文を書けるのか?それは自分自身のことやご友人のことを知っているからです。

現代文も同じことです。
問題にでてくるあの長い文章の中で作者が何を言いたいかを理解すれば、友人のことを理解しているのと同じことです。
出題された文章を何度も繰り返し読み、内容を理解すれば、記述式もマーク式も関係ありません。

がんばって!
予備校の先生が言っていましたが、偏差値55が70になることは難しいが、偏差値40以下の子は、勉強の方法さえ知れば一気に偏差値60、70もすぐに行けると言っていました。
私もそう思っています。

偏差値29ということは、まだ何もやっていない白紙の状態と思って、基礎から始めれば一気に階段を登れますよ。

文章の長さはどのくらいがおすすめですか? 長い方が、やはり効果が出やすいのでしょうか?

こんにちは。
7月進研模試で現代文だけがずば抜けて悪く、落ち込んでいる高校1年です。
1日10回読むのを是非実践したいと思うのですが、学校の宿題などで、なかなか時間がとれず、続かないような気もします。
文章の長さはどのくらいがおすすめですか?
長い方が、やはり効果が出やすいのでしょうか?

文章は、テストに出題される程度の長さであれば十分です。
正確に500文字ということはありません。

何度も何度も読み、繰り返し読むことの真意は、長い文章の内容を理解することです。
それ以上でもそれ以下でもありません。

問題集に掲載されている長文を読みこなして下さい。

あと、最初から「時間が取れない」「続かないだろう」と諦めている人には、向いていない勉強法です。
時間は自分が作るものであり、時間はあなただけのものです。
そして、誰しもが平等に24時間の1日をいただいています。

宿題で5時間もかかりますか?
何度も読むことに30分だけ時間を取ることは簡単なことであると思います。
あなたが合格したい大学のはずです。
そのための方法なら、必死に喰いついて当然であると思います。

がんばろう!

勉強法②

私が偏差値37から65にアップした現代文勉強法を伝えています。

いいですよね?

先ほどのページで、問題集を広げ、一つ目の文章を読む
評論文を選び、読んで下さいと書きました!

いいですよね?

ここで注文がひとつあります!

その評論文を10回読んでください!

地球

え?10回??

文章を10回読むって大丈夫?

入力間違いではありません。
ホームページを作成する上で、入力間違いをしているわけではありません。

10回読む!
で間違いありません。

サブロー

問題集のひとつ目の文章、評論文を10回読むこと!!
さあ、やってみて!

騙されたと思って、文章を10回読んでください!

もう一度書きます。

文章を10回読んでください!

それだけです。
それだけでいいのです。

サブロー

それが私の勉強法だよ

スポンサードリンク

文章を10回読む効果は?

不思議に思ったあなたのために説明を入れておきます。

私は国語の偏差値が37だったことがありました。
今から思えば懐かしい過去の私です。

受験のときには偏差値65までアップしました。
センター試験では国語160点を獲得しました。
以上!
(説明になっていない~)

地球

ただの自慢話ですね

詳しく説明します。

国語の偏差値が37の私は、国語の試験とどう向き合っていたか?
現代文と向き合い、どう対処していたか?

問題文の内容を一度読んで30%ぐらいの理解の状態で問題を解き、よくわからない問題は自分の勘に頼って解いていました!

簡単に言えば、
適当に向き合っていた。
問題をしっかりと読まずに、理解せずに、勘で、適当に、回答していました。

ですよね。

たぶん、あなたも同じではないですか?

よく思い出してください!
または、問題集をじっくり見てください。

最初になんと書かれていますか?
現代文の試験の初めになんと書かれていますか?

「次の文章を読み、以下の問いに答えよ」
とありますよね!!!

これが現代文を甘く見ていると、見えない大・大・大ヒントなのです。

私はただ単純に文章を読んで、一度だけ読んで、試験に向き合っていました。

これではいけません。

現代文にしたら、
『なんて失礼な奴だ!』
と思ったに違いありません。

ヒントを無視し、現代文のことを何も理解せずに、自分勝手な回答をしているのです。

現代文の試験における大ヒントは?

問題文の初めに書かれている文の真意を、もっと噛み砕いて書くと
「次の文章を読み、文章の内容を理解して、以下の問いに答えよ」
なのです。

サブロー

気が付いていましたか?

現代文に向き合うためには、文章の内容を理解することが大切なのです。

説明終了!!

それでは、あなたの広げている問題集の最初の評論文を10回読んでください。

え?

まだ説明が不満ですか?

問題文を理解する

私たちは現代文ができていません。
(ハッキリと言いました。)

何ができていないのか?

・・・・・・・・・・

決められた時間内に与えられた文章を読み、理解すること!

・・・・・・・・・・

そのままです。

そうです。
ここがポイントです!!

文章を読む ⇒ 文章を理解する ⇒ 文章についての問題に答える

この中で、私たちは読むことはできます。
漢字さえ知っていれば、読むことはできます。

私たちは読むことはクリアしています!!

で、次は?
私たちは現代文の試験の文章を理解していないのです。

サブロー

原因はここでした~!!

理解をしないままに、自分の考えで問題に答えているのです!

これはズバリでしょ?

あの頃の私も、今のあなたもそうじゃないですか?

サブロー

文章を理解してない~!!

現代文は文章の内容を理解すればできるのか?


試験の問題文を1回さらりと読み、理解しているようで理解していない状態で現代文の与えられた試験問題に挑んでも無理なのです。

知らなかった~!!

文章理解度30%の状態では、偏差値30か40がいいところでしょう。

理解度100%あれば、偏差値60以上なんて夢ではありません。

こんな簡単なことが気づいてなかったのです。

そう、それがポイント!
よくわかったね!!

簡単すぎて誰もこんなことは教えてくれないのです。

国語の先生は、国語が大好きなのでこんな簡単なことは当たり前で気付かないのです。

しかし、私たちのようなすばらしい人間は、ここまで答えをいただかないと理解ができないのです。

私もこれに気付いたときには本当にびっくりしました。

現代文は、問題の文章を100パーセント理解すればいいだけの簡単な教科なのです。

スポンサードリンク

現代文をマスターするカギは見つけた?

では、どうすればいいのか?
簡単です。

弱点が理解できたのです。
弱点を克服すればいいのです。

与えられた時間に与えられた文章を理解すればいいのです。

問題文を完全に理解すれば勝ちです。

サブロー

よし!勝ちが見えた!!

目的もないままに問題集を解いているだけでは何もなりません。

文章を理解することが現代文という教科の最大ポイントなのです。

じゃあ、理解しましょうよ!

たとえば、あなたの好きな食べ物について聞かれたら、あなたは100%答えることができます。
なぜか?
あなたは100%あなた自身を理解しているからです。

その問題と現代文の入試問題は同じです。

それだけです。

あなたが好きなアイドルグループのメンバーの名前から個性、性格、好きなものを聞かれたら、答えられますよね?
それは、アイドルグループを知っているから、理解しているから。

それと同じです。

そのアイドルグループの情報をいろいろなものを通じて読んでいますよね?

それを同じように試験で文章を読んだら、理解できるようにしたらいいだけなのです。

現代文という試験を理解できましたね。
これも大きな進歩です。
これで、あなたの国語の偏差値アップがまた近づいてきましたね。
さあ、どんどんいきますよ!

まとめ

私たちは、決められた時間内に与えられた文章を読み、理解することができてない・・・。

現代文は、問題の文章を100パーセント理解すればいいだけの簡単な教科である。
なら、この弱点を克服すればいいだけ。
現代文のポイントが見えてきた!!