現代文って?一番最初に学ぶこと

勉強法について解説を始めますね。

さあ、深呼吸~
スー、ハ~
って。

じゃあ、ゆっくりと説明しますね。

問題集を1冊準備します。

この問題集についてですが、『何でも良い』と勉強法のページに書きました。

ウソではありません。

現代文勉強法初心者のアナタがどんな文章について、アレルギーを持っているのかどうかは知りませんが、何でも良いですよ。

まずは、試験に出題されるような文章が目の前にあればOKです。

『でもさ、問題集にも、超基礎編や応用編もあるよね?』

『早慶狙い、難関国公立編とか、いろいろあるよね?』

『どれがいいの?』

なんて問い合わせを受けたこともあります。

では、回答しますね。

問題集の難易度はどのレベル?

私は、最初に購入した問題集は基礎レベルの問題集でした。

その問題集をなんの疑いもなく、10回繰り返し読みました。

ただ、難関国公立編の問題集を買って、1ページ目を開いた文章が、そこまで複雑な文章が書かれているかと言えば疑問です。

そこまで文章で『複雑、難解』ってものはないと思います。

試験として、難しくするには文章よりも設問を難しくした方が良いからです。

ここまで書いて思うのですが、私のホームページで書かれている

『文章』『問題文』というのは
⇒試験の評論文や小説など、理解しないといけない、長文のことを言います。
いわゆる、『次の文章を読み、以下の設問に答えよ』の文章のこと。
私のホームページで『設問』と言っているのは、
いわゆる、
設問1、以下の感じを答えよ

設問2 筆者のもっとも伝えたい言葉とは違っている内容はそれか?ア~エのうち、1つを選べ

などのような問題については『設問』と書いています。

混同しないように注意して下さいね。
大丈夫ですね。

もしかしたら、ここで『そういうことね、やっとわかった!』という方もいるかもしれません。

この前、このホームページの中の『みんなからの質問と答え』へのメールで

『試験の問題
傍線部A「○○○○」とあるが、それはそういうことか。その説明としてもっとも適切なものを次の①~⑤の中からら1つ選べ。
を10回読んでから回答すれば良いですか?』

という質問が来たので、『違います、読むのは文章です』と書きました。

私が何度も何度も読んでいただきたいと言っているのは
出題された評論文などの文章
のことです。

ここ、良いですよね。

スポンサードリンク

文章を読みながらやることはあるか?

アナタは基礎編~ちょい応用編の問題集を1冊買い、目の前に準備しました。

その評論文を読みます。
1日10回読みます。

設問には答えることなく、ただ評論文を10回読んで下さい。

さあ、出たでた!

私の勉強法を疑っている方は言うと思います。

『評論文を10回読むっていうけどさ、ただ読むの?』

『何か文章のキーワードに印をつけた方がいいの?』

『接続詞に〇をつけろって、参考書に載っていたよ』

なんて言うと思います。
答えますか!!
『好きにして』
です。

あなたの問題集です。
どう書こうとアナタの自由です。

ただ、言わせていただくと、書くことはちょっと控えて、ただ読む方がいいと思います。

書くことも大切ですね。

ただ、今は練習の時、だから、何も書かずにただ読むことをしましょう。

読む練習を始めたばかりです。

実際に『現代文の文章に印を書く』という行為は、試験へのテクニック色が強くなります。

また、書くことで心理的に

『おれ、やっているよ!』
という無意味な自信がつくので、あまり薦めません。

書くことは『試験テクニック』『無意味なやっている雰囲気』があるので、最初のころは薦めません。

書くことも大切かもしれません。

ただ、ここではやらずに。

毎日10回×7日やり問題を解くのか、問題を解いてから毎日10回×7日やれば良いのでしょうか?

私は現在高2で来年の入試まで1年になり、ホームページを拝見致しました。
現代文の偏差値が30代なので焦りを感じています。

毎日10回×7日やり問題を解くのか、問題を解いてから毎日10回×7日やれば良いのでしょうか?
教えてください。
よろしくお願い致します。

「毎日10回×7日やり問題を解くのか、問題を解いてから毎日10回×7日やれば良いのでしょうか?」の続きを読む…

現代文が出来ないわけではないのですが、設問を1つに絞ることが出来ません

こんにちは。YANと申します。
自分は、めちゃくちゃ現代文が出来ないわけではないのですが、設問を1つに絞ることが出来ません。

2つくらいには絞れます。
あ、こいつは違うな、というのも分かります。ただ、最後の一手で間違えてしまうことが多々あります。

できれば現代文を武器にしたいのですが、以上のことを解決するために、この勉強法は有効でしょうか?

「現代文が出来ないわけではないのですが、設問を1つに絞ることが出来ません」の続きを読む…

現代文勉強について聞きたい! 質問したい!方の質問コーナー

現代文について、この勉強法についていろいろと書きましたがもっと知りたい、もっと聞きたいという方はこちらからご質問下さい。
更新は不定期ですが、質問に答えます。
誹謗中傷、単なる批判や悪口には一切答えません。ご了承ください。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

私のおすすめ問題集

現代文の勉強には、どんな問題集がいいのか?
本屋さんに行けば現代文だけでも、何十冊という問題集が並んでいます。
どれもいい問題集に見えます。

どの問題集を選ぶか?
どんな問題集が現代文には良いのか?
知りたいですか?

他のページで言いましたが、この問題集は間違いない!という問題集はないと思います。
私の持論では、問題集はひとつ決めた問題集をずっとやる。
これが一番です。

特に、現代文の勉強法では問題集は、文章に慣れておくためのもの。
問題を解くことはそんなに重要ではありません。
(問題を解くことも重要ですが、最初は文章を理解することを最優先にする!という意味です。)

何度も説明しているように、現代文は文章を理解することが重要なのです。

問題集を何冊も買って解き続けても、即偏差値アップにはつながらないのです。
何度も問題文を読み、読解力を学ぶこと、何度も読むことが重要なのです。

では、なぜ問題集が必要なのか?

私の勉強法では、何度も問題文を読むことが重要でした。
で、何度も読むためには文章が必要です。

私のサイト宛てに
「文章を何度も読むことは分かりましたが、どの問題集がいいのか?」
「どんな文章を読めばいいのか?」
という質問が届きました。
もちろん教科書もいいですし、あなたが今持っている問題集でもいいのです。
重要なのは、あなたがその問題集を何度も読むことなのです。

現代文の問題集を持っていない人、またはこれから現代文の勉強を始める人のために現代文おススメ問題集を載せておきます。
もしよければ参考にしてください。

おすすめ商品:

【送料無料】出口の現代文レベル別問題集(1(超基礎編))改訂版 [ 出口汪 ]

なぜ、出口の現代文レベル別問題集超基礎編が良いのか?

偏差値37の頃の私には現代文の基礎がないからです。
基礎の基礎を学ぶ問題文が必要なのです。
難解問題集はある程度の読解力がつけば簡単にできるもの。
最初の入口である基礎を学ばなければ何もなりません。

ぜひ、試してみてください。

載っている問題文は、超基礎なので簡単です。
本当に簡単です。

しかし、最初の頃の私には、ぴったりとしていました。
読めば、読むほど現代文は理解できるはずですのでガンガン問題文を読んでくださいネ!

ちなみにこの問題集の中で一番好きな文章は『10.テストの科学』です。

もし超基礎なんてできないよ!と言うあなたには、上のレベルの問題集をお勧めします!

おすすめ商品:

【送料無料】出口の現代文レベル別問題集(2(基礎編))改訂2版 [ 出口汪 ]

おすすめ商品:

【送料無料】出口の現代文レベル別問題集(3(標準編))改訂版 [ 出口汪 ]

おすすめ商品:

【送料無料】出口の現代文レベル別問題集(4(中級編))改訂2版 [ 出口汪 ]

私のおススメは超基礎と基礎編です。
基礎ができれば絶対に上級も簡単にできるはず。
受験は基礎ができればいいのです。

「超基礎なんて、恥ずかしい!」というあなたには、最初は欲張らずに基礎編で始めてみて下さい。

国語はどんな試験か?

国語の試験がセンター試験など大学受験の試験科目には入っています。

そして、国語の中に「現代文」という試験があります。

あなたは現代文の問題を解き、合格点を獲得し、大学に合格しなければなりません。

これはあなたの志望大学が決めたことなので避けられません。

では、現代文の試験とはどんな試験なのでしょうか?

何を尋ねている試験なのか?
何を試しているのか?
何が難しくて、何が簡単なのか?

あなたは考えたことがありますか?

私は現代文ができないときに、いろいろと考えた末に
「現代文を詳しく分解してみよう!」
と思いついたのです。

サブロー

現代文をもっと知ってみようと考えた!

文系というよりも理系の考えなのでしょうか?

どうしてもわからなかったので、もっと細かく分解してみようと思いました。

分解すれば現代文でもなんでも簡単になるはずです。

サブロー

あの頃、そう思いました。偏差値37ですが・・・

現代文の試験を分解すると・・・どうなる?

現代文の試験とは?

あなたが文学の道へ進み、文学とは何かという問題に直面していれば、この文章はなんの参考にもなりません。
文学を考えるなら、もっと難しい勉強を大学で専門的に学ばないといけません。

しかし、ここで朗報です!

文学なんて難しいことは考えなくて良いのです。

今のあなたは、現代文の試験にいい得点を取るためにどうすれば良いかを知り、学べばいいだけです。

やったね!

私のホームページも
現代文でいい点数を取り、大学に合格するためだけ
のホームページです。

地球

それで良い!!

現代文の試験はズバリ、
決められた時間内に与えられた文章を読み、理解すること!

これが現代文の試験です。

難しいことを学ぼうとはしていません。

気付いていましたか?

気付いてそうで、なかなか気付いてないところです。
しかし、気付いていたからって偏差値はアップしませんけどね。
知らないままに偏差値を70取っている人はたくさんいます。

スポンサードリンク

現代文の試験の本質とは?知ってどうなる?

では、知ってどうするのか?

何もありません。
(エ~!)

何もないです。

ただ、私たちの悪いところに気付こうとしただけです。
(え?)
(なに?)

そうです。
現代文のできない私たちは、何が悪いのか?

試験の内容はわかった、
『決められた時間内に与えられた文章を読み、理解し、質問に答えること!』
それだけ。

で、なぜ?それができないのか?

何ができていないのか?

そこをしっかりと見つめていないのです。
もっと、深く深く考えていくとどうなるのか?

それが理解できれば少しは変化がきます。
弱点を理解し、克服すればいいのです。

まとめ

現代文の試験とは何を試す試験なのか?
答え⇒決められた時間内に与えられた文章を読み、理解し、質問に答えること!

現代文の試験の本質は理解した。
では、どうしたら、現代文の試験で得点を稼ぐことができるのかを考えよう。

勉強しても成果が出ない教科?

国語は日本語。
現代文は日本語。

『日本語だから勉強しなくても解けるよ。』
『現代文はセンスで解くもの科目でしょ。』

この言葉は、私がずっと心の奥底に思っていた言葉です。
そして、みんながよく言いたがる言葉。

『だって、日本語だもの・・・』

現代文はいつも私たちが使っている言葉の日本語で書かれています。
あなたは、いつも現代文に出題される文章と同じである「日本語」を話しているのです。

では、現代文は誰でもできる?
現代文の問題は出来て当然?
現代文は勉強をしても意味のない教科なのでしょうか?

きっとあなたも悩んだことのある疑問でしょう。
さあ、もっと国語を掘り下げて考えていきましょう。

スポンサードリンク

日本語なのに、なぜできないのか?問題が解けないのか?

ではなぜ、できない?
現代文の問題を難しいと考えてしまうのか?

敵(国語)をしっかりと分析していきましょう。

対戦相手をしっかりと分析することは誰もがすることです。
スポーツの世界では当然のことです。

この相手の分析ってやつを現代文でもやってみましょう!

現代文を考えると…

私のホームページ以外にいろいろと現代文についてのホームページや知恵袋などの質問サイトに書かれていることをまとめると。

1.現代文は今までに読んだ文章の量によって、チカラのついた人が読解力を持ち、勉強法なんてない、たくさんの本を読んだ人間が勝てる科目である。

2.日本語がベースとなっている教科なので、勉強で学び、解く科目と言うよりも生まれ持ったセンスで解く科目だ!

3. 現代文の勉強に時間を割くよりも数学や英語に勉強時間を使ったほうが点数アップにつながる。

こんな感じでしょう。
よく言われている言葉です。

サブロー

ちなみに私は中学校の頃、現代文は苦手科目ではなく、俺は勉強しなくても、センスで解ける!って思ってたよ。

例えば、この3つの仮説がすべて本当だったとしましょう。
そうなると、私は偏差値65を取れないことになります。

読書なんて小さい頃から大嫌いでした。
(自信満々に言うことではないですが…)
本は読んでいません。

現代文は勉強すれば、伸びる科目である!?

受験勉強のために有名な方の文庫本を死ぬ程読めば、現代文の偏差値がアップするなら誰もが読むはずです。

もっと言えば、生きていればいろいろと文章を読んでいるから、文章には最低でも少しは触れていて、読解力はあるはず…。

しかし、センスっていう目には見えないものを言われても何もできないですね。

ズバリ!!
先程の3つの仮説は全部デタラメです。

勉強の方法をしっかりと学び、勉強すれば、現代文は偏差値アップできる教科なのです。

現代文は日本語なので、何も勉強をしないで偏差値がいい人が存在するので
『センスで解ける』
と言われることはあるでしょう。

しかし、それは文章を理解するチカラを持っていただけです。

もし読解力を持っていないのなら勉強して、読解力を育ててやればいいだけです。

たくさんの人に『センスだ、勉強しても無駄だ』と言われてきた大学受験の現代文をズバッと変えてやろうじゃないですか!!

あなたも現代文を得意科目にして、
「現代文はセンスではない」
と言ってやりましょうよ。

センスがなくても、コツコツと勉強をしていけばできるようになる教科だと体感して下さい。

まとめ

現代文は読書の量がすべてはウソ。
現代文はセンスで解く科目であるもウソ。
現代文は勉強しても伸びない科目であるは、もっとウソである。
読解力は育てることができる!

先生

勉強しなくてもできる科目、センスで解くことのできる科目は受験科目にはならないよ!

決意表明の紙について

この度は私のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
順番に読み進め、このページに辿り着いたということは、あなたの姿勢が本当に真剣であることが証明されていますね。

本当にありがとうございます。

とてもすばらしいことです。

サブロー

良い調子だよ、自信を持って!

ここでは、ちょっと考えて欲しいことが書かれています。

本当に決意表明を書くのか?書かないのか?

あなたは本気で現代文の勉強法に取り組み、志望校へ合格するために必死に勉強していくでしょう。

現代文への取り組み方がわからず、どうしていいのか四苦八苦するあの頃の私と全く同じ状態なのでしょう。

前ページで書いた、決意の宣言用紙を書き、もうすでに用紙を準備しているでしょう。

もしかして『本当に書くの?』と考えている人がいるとすれば、その人へ伝えたい想いのページです。
もしくは、まだ少し半信半疑の方へ読んでいただきたいページです。

質問です。
あなたが自分だけの部屋で、決意の宣言用紙を書き、
机に貼ったとしたらどんなことが起こるでしょうか?

ポイントはここだけです。

「え?なんじゃ、それ?」
でしょうが、話を続けます。

簡単に言えば、
『決意の宣言用紙に何もデメリットは存在しません』
ということです。

スポンサードリンク

決意表明は何を地球に与えるのか?何か損害を与えるのか?

あなたが紙に
『大学受験を成功させる』
『現代文を偏差値70にする』
『受験の間はテレビを見ない』
などなど、決意の文章を書き、毎日読み上げ、自分自身に言い聞かせたとしましょう。

誰が損をしますか?
誰が損害を受けますか?

いえいえ、誰にも迷惑をかけることはないのです。
誰も無害なのです。

地球

誰も損をしないってこと!

この決意の文章は、誰も傷つけません。
誰も損をしません。

誰かが損をすることなんて100パーセントあり得ないのです。
ということは、ひとつも損しないということ。

つまり、あなたは絶対にやった方がいいのです(#^.^#)

決意表明の用紙を書けば・・・こんな素晴らしい効果が?

あなたは得をします。
あなたはやる気になります。
あなたは本気で合格できると確信できるようになります。

ちなみに、深夜に大きな声で『私は絶対に~』と読み始めたら、家族の人がちょっとビックリするかもしれませんので家族の人は少し被害を受けるかもしれません(笑)。

サブロー

大きな独り言は気を付けてね!

マインドコントロールなんて難しい言葉があるかと思いますが、あなたはこれから自分で自分自身をマインドコントロールしようとしています。

サブロー

あなたが教祖様で、あなたが信者。
そして、あなただけが得する教え。

何度も何度も自分に言い聞かせることで自分をその気にさせようとしています。

何度も唱え、自分の中に「私はできる」という気持ちを大きくしていきます。

決意表明の言葉は願望ではなく、『やる!』と言い切る!

そして、言葉ですが、
『大学に合格したい』
『偏差値65になりたい』
とは書かないで下さい。

『偏差値を上げる』
『必ず東京大学に合格する』
『オレはできる』

という書き方にして、読み聞かせてください。
この文章はあなたに読み聞かせて本気にさせることが根本なのです。

ここがポイントなのです。

あなたは絶対に損はなく、志望校へ合格のために得することばかりなのです。
絶対に決意をカタチに残して、目の前に貼っておいて下さい。

まとめ

決意表明を、目標をカタチにすることは、とても重要です。
決意表明は誰も傷つけず、誰も迷惑を受けません。

あなただけが得する魔法の紙です。

必ず決意の紙をあなたの机の前に貼って下さいね。

最初は差し出すものから

あなたは、このホームページを読み、今から現代文を克服します。

現代文という科目を理解します、理解するようになります。

うん、そうです。

さて、ここであなたへ初めての質問をします。

現代文の勉強法をマスターするために、何を私に差し出しますか?

国語の偏差値アップと引き換えに何を失う覚悟がありますか?

私は、これから大学受験で私が経験した現代文の偏差値アップの経験談をお話します。
たぶん、あなたはコツコツ勉強をして、現代文の偏差値をアップすることができるでしょう。

なぜ、そんなに自信満々なのかですって?

だって、この私ができたのですから大丈夫です。

トップページにも書きましたが、高校の時のテストの順位が、国語は後ろから2番目の私が!ですよ!
(何度も言いますが、自慢ではないです。)

そんな人間ができたのだから大丈夫でしょ?
あなたもできますよ。

スポンサードリンク

あなたの国語偏差値はいくつですか?

ちなみにあなたの国語の成績は、学年で何位ですか?

「学年でちょうど真ん中かな」
なら、素晴らしすぎます!

デキスギ君です。
(あまりウケなかったので、続けましょう)

くやしかったら偏差値37という数字を出してみてください。
なかなかでませんよ!
(なんの自慢話かわからなくなりましたので本題に戻します。)

現代文の勉強法をマスターするのに、何を私に差し出してくれますか?

あれ、このホームページって何かを取られるの?
無料でいろいろと教えてくれるはずでは…
と思ったあなた。

さすが、文章を理解する読解力がありますね。

そうです、もちろん私は無料で勉強法を教えます。

私に何かを差し出さないといけないの?

実際に私に何かを宅急便で送る必要はありません。

しかし、あなたは何かを差し出す、何かをやめないといけません。

え~、何かをやめないといけないなんて、聞いてないよ~!
って言われてもね。

「ギブ&テイク」
って知っていますか?
何かを得れば、何かを失うってやつ

世の中の大きな原則です。

大金持ちになれば、何かを失うように、現代文をマスターするためには何かを失わないといけません。

あなたは現代文の偏差値を上げるために何を差し出すますか?

もっと言えば志望校に合格するために何を差し出しますか?

“私と”というよりも、この地球と何を交換しますか?

あなたの現代文の成績を上げてあげるよ~
なら、何かを下さい!!

と地球が言っています。

さて、なにと交換しますか?
真面目に、真剣に考えて下さいね。

地球

あなたの現代文の成績を上げてあげるよ~
だから、何かをください~!!

あなた

え~?????

まとめ

現代文の勉強法をこれからマスターするための第一関門!
現代文のために、大学受験のために何を差し出しますか?

地球には『ギブ&テイク』という約束があります。

あなたは何を差し出すのか?を真剣に考えて下さい。

これは約束して下さい!

現代文の勉強法をマスターして、国語の偏差値をアップさせるために最初の一歩に進む前にこのホームページについて注意点を申し上げます。

これだけは約束して下さい!

しっかりと注意点を読んでからお進み下さい!!

私はこのホームページにセンター試験で160点を取得、志望していた国公立大学へ合格した経験をウソ偽りなく書いています。

現代文が嫌いで、不得意科目だった頃から、勉強法を実践し、最後には国語が大好きになり、得意科目になった経験を書いています。

これは事実です。

ウソなんて書いて、ホームページを公開しても何も得はありません。

まず第一点、大切なところです。

サブロー

ここに書かれていることはすべて事実だよ。
僕の経験した失敗や、成功の秘訣もいっぱい書いてあるよ!

スポンサードリンク

ホームページの構成について

このホームページは、
①ホームページの文章
②合格までのブログ
③ホームページを公開し始めてからみんなから届いた質問と答え

の3つの構成でつくられています。

②、③はおまけみたいなものですから、放っておいても良いのですが、ホームページ内の文章には、私の想いをすべて書きました。

『現代文の勉強法の前に』
『国語という教科を考える』
『他の勉強法』
『私が伝える現代文勉強法』

と4つのカテゴリーになっていますが、順番に進んで下さい。

これが注意点です。

長いかもしれませんが、1週間かかるような長文ではありません。
書いた内容は私が経験して、本当に伝えたい部分だけを書いています。

勉強法だけを読んで…では、必ず挫折してしまいます。

本気で現代文を克服する気がある、真剣な方であれば私の気持ちは伝わるはずです。

よろしくお願いします。

ホームページを続けていく中で、悪口も頂いています!?

ホームページを公開し、「質問と答え」という質問コーナーを設けて、もっと理解が深まれば良いかと思い、質問を受けていることがありました。

みなさんからの質問を受け、いろいろな言葉をいただきました。

中には全く文章を読まずに、内容を理解していない質問や、考えられないような悪口もいただきました。
(勉強法を公開しなければよかった・・・と、凹んだ時もありました(+_+)・・・)

しかし、そんなものは一切気にしないことにしました。

その理由は・・・

あの頃の偏差値が低い私のような方が1人でも現代文の成績がアップできるように。
ひとりでも、現代文の成績を良くして、志望校に合格してほしい!

と、想い続けてです。

色々な意見は無視して、さあがんばりましょう。

まとめ

このホームページは
『現代文の勉強法の前に』
『国語という教科を考える』
『他の勉強法』
『私が伝える現代文勉強法』

と4つのカテゴリーから成っています。

どれも捨てる部分のない、すべて伝えたい内容です。
長いですが、読んで下さい。

勉強法のページだけ読んでも、成績は上がらないと思います。
また、このホームページに書かれていることはすべて実体験であり、ウソ偽りはありませんよ!!