今から私立にしぼる

自分は現代文の成績が綺麗なほどずっと49か50です。
今、高校2年生で、一応国立を狙ってるんですが、ぶっちゃけ英語と数学はいつも65くらい行き、この調子でいこうと思えるのですが国立を狙うとなると、やっぱり国語が着いてきてどーしても足を引っ張ってしまいます。
国立の他に自分が狙ってる私立があってそこは
数学と英語だけで良いのですが、
今から私立にしぼるのは、早すぎますか??
後、毎日どのくらい現代文をやればいいか教えてほしいです。

数学・英語が得意で非常にすばらしいですね。
残りは現代文。
では、毎日繰り返し文章を10回読みましょう。
毎日続けて下さい。

あなたは他の教科ではコツをつかみ、どうすると偏差値65を取ることができるかを知っています。
コツさえつかめばきっと現代文も60を超えるでしょう。

現代文を学ぶというか、コツをつかむように何度も気をつけながら続けて下さい。

文章を読むとき何かコツ

このホームページを見てこの勉強法をやってみたくなりました
そこで質問なんですが、文章を読むとき何かコツってありますか?
たとえば1行1行文章を理解するように読んだりとか
、や。を意識しながら読むとか
文章が分かりづらくてすいません

何も考えずに、何度も読んで下さい。
ゆっくりとですが、わかるようになります。

英会話教材スピードラーニングというものもあります。
聞き流す英語。

何も考えずに何度も読み、何度も読んで繰り返して下さい。

コツは『何度も、飽きずに何度も』です。
根気と決意です。

語彙力をつけること

もう一つ質問です。
私は色々な現代文の勉強法について書かれている本を見てきましたが、そのどれにも、まず語彙力をつけること、と書かれています。
この勉強法には語彙力のことについては触れられてなかったと思うのでぜひお聞きしたいです。
語彙力をつけるためには毎日10回本文を読むのとは別に何かやる必要はあるのでしょうか?
それともわざわざ何かやらなくても現代文はできるようになるのでしょうか?

語彙力とは、言葉をいろいろと知るということでしょうか?

英語で考えてみましょう。
英語では語彙力をつけるための英単語帳や英単語を覚えるための参考書が大変多く見られます。

現代文では、問題集とは別に、語彙力単語帳が売っているでしょうか?
あまり見かけません。
そう考えると、私は語彙力はそこまで重要ではないと考えます。

もちろん私は新聞も読まず、読書も苦手な状態で何度も問題文を読む方法でセンター160点でした。
語彙力をつける方法はわかりませんが、国語辞典を覚えることはできません。
語彙力を高める方法があればよいですが、ないと思います。

問題文を何度も読む方法だけで良いと考えます。

通学中の電車の中でやりたい

現代文の勉強法について質問です。
自分も問題文を一日10回読む勉強法を試してみたいと思っています。
ですが家では英語や数学の勉強でいっぱいいっぱいなので、通学中の電車の中でやりたいと思っています。
この勉強法はこうした少しうるさい?状況で行っても効果は出るんでしょうか?

ご質問をいただきありがとうございます。
バシッとストレートに言います。
電車の中ではおすすめはできません。
あなたの集中力がすごいものであればよいですが、現代文が苦手な方ならばあなたの勉強部屋で静かな環境、試験本番の環境で読んでいただく方が効果的と考えます。

問題文を一日10回読む勉強法で2時間も3時間もかかるとは思えません。
数学、英語も大切です。

しかし、現代文がひどい偏差値でしたらあなたのお部屋でお試しください。

気になったので質問

文章を何度も読むと分かるようになる、とのことですがもともと文章を論理的に読むことができない人には何度読んでも意味がないのではないでしょうか?
悪口を言う気はないのですが気になったので質問しました。

質問ありがとうございます。
何度読んでも意味のないというなら、その方は一生文章を理解できないということですね。
となると、現代文が何のために受験の科目として入っているのでしょう?
否定的な見かたはわかりますが、その考え方では、英語、数学、日本史、世界史などなど、すべてに関して生まれ持ったセンスがすべてとなりそうです。

数学的な考え方が出来ない人は、何度も問題集を解いても、数学のチカラはつかないでしょうか?
それはありません。

もっと大きな視野で考えたら、コツコツこなしていけば、どんな教科もある程度できるようになる経験をさせるための受験勉強ではないでしょうか?
ひとつの問題解決の方法を学ぶ場です。

否定的に見るのもそれぞれで良いですが、私は何度も読めばチカラがつく経験をしています。
間違いなく、経験しました。
みんなに知って欲しいと思い、書いています。
それだけです。

睡眠時間を削って受験勉強!?

このサイトを見て僕も同じく偏差値37をとったことがあるのですごい共感しました。
でも僕はまだ現代文が得意になった訳ではなく51,52辺りをさまよってます。

この勉強方法を見てすごい斬新でやりたいと思ったのですが、
僕はこれから
月曜日には英語
火曜日には数学
と曜日毎に勉強する教科を変えてやろうと思っています。
なのでこの1日に10以上を1週間読むとなると読むスピードも遅いですし時間がない気がします。

寝る時間を削ってやった方がいいでしょうか?

ご質問をいただきありがとうございます。
偏差値37 ⇒ 51、52
とアップしているということでおめでとうございます。

さて、1日に10回毎日読むことで何時間かかるでしょうか?
かかっても1時間と思います。
問題集に掲載されている問題文です。
もし仮に、1つの問題文を読むのに10分かかっても100分(1時間40分)です。
この時間を寝る時間を~と言われても私には何とも言えません。

志望校にどうしても受かりたいと思っている人は、睡眠時間を削って勉強しますし、
志望校よりも毎日の睡眠時間が大切な方は、読みません。
それはあなたの情熱次第です。

あなたが決めて取り組むべき問題と考えます。

ちなみに私は毎日4時間の睡眠で受験勉強に取り組んでいました。
ご検討下さい。

英語の長文について

英語の長文について教えて下さい。
なかなか単語が頭に入らず、長文ができません。
どうにかして長文をクリアしたいのですが、英語について何か方法がありますか?

英語の長文は、現代文と同じで、いつどんな文章が来るのかはわかりません。
そのために、たくさん読んでおく必要があります。
しかし、100個の長文を読めばいいということは絶対にありません。

英単語の参考書中にも、その英単語を使った長文や例文が多く書かれた参考書があります。
それを買って、1日に何度も流し読みしてみて下さい。
別に『覚えてやる!』なんて気合を入れなくてもOKです。
それで英単語をマスターしていきましょう。

長文は、長文の参考書を買い、何度も読んで下さい。
同じです。
長文には、キーとなる英単語があり、その部分を見られています。
間違いなく、ポイントとなる英文があり、その文章の意味が理解できているかどうかがキーとなります。
それを見つけるためには何度も読む訓練が必要です。

現代文と同じです。
がんばりましょ。

文法も一章づつと書いてありましたが問題を音読するのですか?

こんにちわ!毎日ほぼ音読頑張ってます!
英語の長文も最近始めました!
あと文法も一章づつと書いてありましたが問題を音読するのですか?
あと伸びずにいる古文も音読してます。
先生は古文どうでしたか?
秘訣教えてください(T_T)
よろしくお願いします。

音読がんばっているみたいで本当に嬉しいです。
この『質問と答え』サイトを見ていただいているみんなのチカラになります。
ありがとうございます。
私だけではない!とみんなが思ってくれるので、こういう声は本当に嬉しいです。

英語の長文も読み始めたということで、何よりです。
英文法は、私は参考書をそのまま1日1章読んでいました。
参考書は、最もわかり易い例文が書かれているはずですから、その例文が最も大切かと思いますが、説明している文章も読むことが大切ですね。
毎日1章では厳しい参考書なら、自分で決めた部分を繰り返し読むことをお勧めします。

古文の勉強ですが、私は英語のように考えていました。
日本語ですが、要は外国語のようなものです。
ですから、古文も文法系の参考書を音読し、問題集を読んでいました。
毎日の積み重ねがとても大切な時期になってきましたね。

少しずつに別けてでも、毎日続けることを意識してがんばって下さい。

勉強法は英語の長文などにも応用できますか?

こんばんは。
話が大分ずれてしまうのですが、この勉強法は英語の長文などにも応用できますか?

もちろんできます!
英語の長文は、簡単な文章を英語にしているだけですね。
もしかして、英語の長文が訳されていたら・・・・・・・・・・・

小学校の現代文のレベルの文章ではないですか?

なら、文章は難しくないはずです。

英語の場合は、最初に、英文法の有名な先生の参考書1冊買い、それを毎日1章ずつ読み続ける。
毎日1章なので、簡単ですね。

そして、長文を10回読むこと。

これを繰り返せば、英語の文法や言い回しが頭に入ってきます。
そして何度も何度も繰り返し、おこなうことで、いつもとは違った自分に変化していきます。
気が付いたら、英文法や英単語が自分の中に入っていて、スイスイ読めるようになるはずです。

がんばってください。

現代文を10回読む勉強法は音読ですか?

現代文を10回読む勉強法は音読ですか?

現代文を理解するには、ベストは音読です。
音読することが基礎の基礎を学ぶコツです。

しかし、よく考えて下さい。
なぜ基礎の基礎なのか?
試験のときには音読できますか?
できません。
試験本番では音読はできません。

ということは、最初の基礎勉強段階では、理解することを学ぶために音読をして、少しずつ黙読に変化させることが良いと思います。

最初は、音読を10回を繰り返す、
理解力が少しずつアップして、現代文ってできるかも!と思えるようになったら、黙読に変え、より繰り返して鍛錬を積む。
そういった方法がベストでしょう。

英語の勉強法で、長文や慣用句、文法の参考書を音読して、耳から脳に聞かせるというすばらしい勉強法をあります。
ぜひ、やってみてください。