勉強法についてもっと詳しく説明

私のホームページ『国語現代文勉強』を読んでくれてありがとうございます。
公開以来、毎日たくさんの方が見てくれて、とても励みになっています。

このカテゴリーでは、
・ホームページにある勉強法ってやつを読んだけど、ちょっと理解が・・・
・もう少し詳しく勉強法について教えてほしい
・よくわからなかった!文章の書き方が下手なんじゃない~
・本気で勉強したいけど、もう少しテンションの上がる話をして~
などなど、

いろいろと疑問のあるアナタのため、久しぶりに更新を致しました。

このページでは、勉強法をもっと噛み砕き、丁寧に丁寧に書いていきます。

サブロー

ご理解をいただきたいのは、私は国語の偏差値元40以下だからね。
文章を書くことが得意ではないのよ

天使

現代文が苦手なアナタの為に必死でがんばろう~

現代文っていったい何を書いた!?

おおよそ現代文という教科については最初のカテゴリーで理解し、サブローが現代文を完全に諦めていた時代に高校の先生に言われて試した勉強法のことは書きましたね。

⇒教科:国語を考える
⇒以前試した勉強法:高校の先生に言われて試した現代文勉強法

ここはOKですね。

現代文とは、文章の内容を理解し、内容を理解したうえで、各設問を解いていくって試験。

現代文の成績を上げるには、文章の内容を理解することが最も大切ってこと。

これはOKね。

高校の先生に言われた勉強法では、読書、新聞、社説を読むって、あまり効果がなかったよ。

問題集を何も考えずに解き続けても意味がなかったよってところもいいですね。

もし、私のホームページの中でこのページから読んでいる人がいたら、ちょっと問題があると思いますが、人それぞれの考え方なので、あれこれは言いません。

ただ、サブローとしては、わかり易く、理解しやすくするために、順番に書いているってことを忘れずに!

本当は最初からじっくり読んだ方が理解できるはずだよ。

サブロー

焦らずに勉強はした方が良いよ。明日すぐに偏差値アップする方法なんて滅多にないからさ。

スポンサードリンク

受験で大切な心構えとは?

国語という教科とは
サブローの失敗勉強法
はOKとして、勉強を進めるうえでの心構えは良いですか?

サブローとしては、一番言いたいことは勉強法だけど、
本当にアナタに知ってほしいことは
『目標設定』
『決意と毎日目標を読む事』
の方が実は理解して欲しいことだったりします。

サブロー

実はね。

今は受験だし、現代文の成績がパッとしないから、慌てているかもしれないけど、
実はアナタがどこに向かっていこうとしているか、ベクトルをはっきりしておくことってとっても大切で、
あなたが志望校をガッチリ決めているか?

どうしても、○○大学に入りたいと決意しているか?

○○大学に入る為なら、テレビを観ることや漫画を読む事なんて捨ててもいいよ!

と思っているかの方が受験よりも大切だったりします。

地球

がんばって!!
いつも見守っているよ。

今後の人生の為にはね。

ただ、受験を突破することがアナタの重要事項なので勉強法についてもっと詳しく説明をしていきますね。

くれぐれも、目標設定と志望校を紙に書いて、机のところに貼ることだけはやってね。

高3になり、受験に対して意識し始めなくてはならない時期

高3になり、受験に対して意識し始めなくてはならない時期になりました。

私は現代文という科目が本当にわかりません。
色々な参考書に手を出し、途中で投げ出しました。理由は全く成績が上がらないからです。
古文、漢文は暗記(単語、句形など)から入るという土台から作り上げることができますが、現代文の土台というものが私にはわかりません。

また現代文が出来ないからか、模試で先入観みたいなものが入り、またどうせ出来ないだろうと、そう考えている自分がいます。

こんな私の現代文の状態はどうすれば改善されていくのか是非とも教えて頂けたら幸いです。

KKK 様へ

何もあなただけではありません。
受験科目に不得意科目、どうしようもない科目があるのがあなただけではありません。

現代文についてですが、改善していただけるように私の経験したことをホームページ内に書きました。
この程度の文章では伝わらないでしょうか?

あなたが本気になっているかだと思います。
私は、国語をどうにかしないといけないと考えて、「何回も読む」という取り組みを先生に聞き取り組みました。
そして偏差値を上げました。

あなたは何をしましたか?
先入観を持ち、なにもしないで、「やはりまたできなかったか・・・」と思っているだけではないですか?
土台は、文章を理解する力です。
読解力です。

読解力を持つためには、何度も何度も読むことです。
本日から、問題集を1冊買い、文章を読むことを勧めます。

でも、行きたい大学がないのなら難しいかもしれません。
それなら行きたい大学を決めてからにするべきです。

誰しも勉強はしたくないし、不得意科目はあります。
違ってくるのは、そこで努力をして目標を達成するのか、とりあえずがんばるかの違いです。

行きたい大学と、いける大学は違います。

あなたが決める将来です。
あなたが決めて、あなたが取り組み方を決めるべきと思います。

偏差値55の私

偏差値30、40から現代文を上げるのは、白紙の状態であるから頑張ればいけるとありましたが
偏差値55という微妙なところにいる私は現代文を上げずらいのでしょうか?

他のことでも同じではないですか?
野球をやったことのない高校生にバッティングを教えるのと
少年野球から自分流にバッティングの癖を持っている高校生なら、間違いなく以前からの癖が邪魔をします。

偏差値30、40は全く勉強を取り組んでなかった方です。
その方とあなたを比べれば、吸収具合は違うと思います。
もちろん、偏差値30、40の方が一気に上がるとは言い切れませんがね。
しかし、そんなことを考えなくても良くないですか?
あなたはあなたしかありません。

目標を決めて取り組むという前向きな気持ちをもって進みましょう。
「どうせ・・・」みたいな気持はもつと思います。
私も泣き、凹み、悩みの生活をしていました。
しかし、誰しもがそうです。

がんばって下さい。
偏差値55のあなたもしっかりと取り組めば上がるはずですよ。

試験まで3ヶ月

はじめまして。
いきなりですが、1つの問題文を読みまくることは理解できました。
では、その問題文の設問は解かずに次の問題文へ移って良いのですか?
また、あと試験まで3ヶ月です。
1つの問題文を100回読むことを今から始めても間に合いますか?
長々とすいません。お願いします。

文章をしっかりと読み解く、理解することが第一の目的です。
1日10回ずつ、20回ずつでも結構です。
1つの文章を理解できるまで読んでください。

文章を理解することとはどういうことかを経験していただけます。
そこまで読んで下さい。
回数は、目安です。
1日10回を毎日続ける。
1日20回を毎日続ける。
あなたが3か月しかないというのなら、人生であと3カ月しか勉強をしないと決めたなら、毎日30回でも理解できるまで読むことができるはずです。
しっかりと続ければ間に合うとあなたが信じてやっていかないと成果はでません。
自分のやっていることは、自分のためである。
絶対に受かる!
毎朝、目標の紙を読んでいますか?
しっかりとサイトを見直し、勉強法に向かって下さい。
頑張ってください。

入試まで後3ヶ月しかなくて今の僕の偏差値は40ぐらいしかありません。

偏差値55の大学に行きたいのですが
入試まで後3ヶ月しかなくて今の僕の偏差値は40ぐらいしかありません。

この勉強方法がすばらしいと思ったので試そうと思うのですが3ヶ月しかないので焦りしか出てこないのです。

なので他になにかやったほうがいい事はあるのでしょうか?
それともこの勉強方法だけで大丈夫なのでしょうか?

残り3ヶ月ということのなので、期間が決まっていますね。
大変な時です。

厳しいことを言うかもしれませんが、『他になにかやったほうがいい事はあるのでしょうか?』とはどういう意味でしょうか?
質問の意図が不明です。

『他に何をやれば、甲子園で優勝するほどのピッチャーの玉が打てるでしょうか?』

という質問をされているようなものです。
私が、『他に現代文を毎日100回読んで、1日の睡眠時間を4時間にして、毎日数学の問題集の全問をすべて解いて・・・』
と言ったらできますか?
できないはずです。

みんな不安を抱えて取り組んでいます。

始めるのには、誰の声も関係ありません。
あなたが『やるべき』と思えば、やるべきです。

あなたの合格したい大学を決めて、紙に書いて毎朝『○○大学に合格する』『国語の偏差値を55にする!』と書いて、読んでいますか?
そこからしっかりと始めるしかありません。

絶対に受かりたいのなら、テレビも何もかも捨てて、受験に向かうはずです。とりあえず、目標を紙に書き、差し出すものを決めてから、始めて下さい。
私の勉強法は、現代文を何度も読むというだけではありません。
決意をしっかりとすることから勉強法です。

そこから始めて下さい。

残り3ヶ月です。
何をしても時間だけは変わりません。
自信を持つ練習をスタートして、ゆっくりと偏差値を上げるしか方法はありません。

他の勉強法があれば、その方法でも良いと思います。
何かでゆっくりと時間をかけて、自信を育まないと受験に勝つことは困難となります。

さあ、ペンと紙を持って、1時間後には、現代文を読み始めて下さい。
何を言われても、何度も読み、続けて下さい。

がんばって下さい。

あと四ヶ月で現代文を完璧にマスターすることなんて出来るのでしょうか?

初めまして。こちらのサイト様の勉強法を見て少し自信が付いたように思います。
恥ずかしながら偏差値が40くらいしか無く、それなのに偏差値54の大学を受けようとしています。
文系なので当然現代文の入試があります。
公募推薦で受けようと思っているので、あと四ヶ月ほどしかありません。
あと四ヶ月で現代文を完璧にマスターすることなんて出来るのでしょうか?
それが不安でたまりません。

あなたは何をしていますか?
他の勉強法をつかって、現代文の偏差値を上げる作戦を考えていますか?
ないのなら、これしかありませんね。
とりあえず読み続けて下さい。

目標はしっかりと決めています。
素晴らしいことです。
目標設定ができない人が大半です。
目標を決めたら、それ以外の大学はどうでもいいのです。
向かうしかありませんね。

始めて下さい。
がんばりましょう。

高2の前期中間定期考査

高2の前期中間定期考査が終わり、現代文古典ともに最悪な結果だったのですが、現代文の定期考査後の復習とかってどうすればよいのでしょうか。
方法を教えてください。

あなたの偏差値はどのくらいですか?
最悪というのは、偏差値30、40、50?
あなたの状態がなんとも分かりませんが、私がホームページに書いている、目標を立て紙に書き、いつもしっかりと見ていますか?
志望校は決まっていますか?
現代文の問題集を毎日10回読んでいますか?
まだ高校2年生です。
私も浪人の1年間で取り返しました。時間はまだあります。
しっかりと行きたい大学を決め、その大学に行って何をしたいかを決めて下さい。
そして、現代文の問題集を手に取り、毎日「本当にあいつの言うことで大丈夫かよ!」と言いながら10回読み続けて下さい。
最初は、「本当にあいつの言うことで大丈夫かよ!」と言っていながら、ある程度したら、「あれ、ちょっとわかるぞ!」に変わる時を私は楽しみにしています。
ぜひ、お試しください。
継続はチカラ、でも、ほとんどの人が諦めるからやっている人は勝つのです。
がんばって下さい。

問題集が基本・標準と段階がある場合はどの問題集を使ったらいいですか?

国語の勉強法を探しているところ、このサイトを見つけました。
さて、現代文の勉強法で問題集を一冊とおっしゃいましたが、基本・標準と段階がある場合はどの問題集を使ったらいいですか?
また、センター試験まで50日を切りましたが、今から始めてまだ間に合いますか。

あなたの偏差値はいくつですか?
もう何もわからない状態です!という以前の私のような方でしたら、基本編を購入し、標準に移行された方が良いと思われます。
しかし、基本編を何度も読んでいけば、現代文を理解できる感動が来るはずです。
それからは、現代文が好きになって、得意科目になるはずですね。

なんでも基本がもっとも大切です。
基本だから、買っても成績が上がらないか、応用編を解いたら成績が上がるのか?
そんな法則は存在しません。

ドラクエ(古い・・・)のパート1とドラクエの新シリーズとやっていることは何も変わりません。
ただ、テーマや見た目が変わっているだけです。
そしてちょっと複雑になっているだけ。
基本を大切にして、解いていく方法が良いと思われます。

あとの質問は、私には答えようがありません。
50日を切っても、毎日20回読んでいる人は、現代文を1,000回読んで成績が上がるかもしれません。
50日あっても、1日おきに5回読んでいる人は、たぶんやる気のない人でしょう。

本サイトの方に、目標設定やそのために何を差し出すかの部分を書きました。
あなたが必ず合格をしたいのなら、何も関係なく、死に物狂いで取り組むべきです。

結果は後からついてきます。

高校1年である私は普段から、毎日10回読んだら、成績が上がりますか?

出口の超基礎編を何回も使い続けた方がを買ったんですが、全部の項目を10回読んだら、基礎編を買った方がよいのですか?
このサイトは受験向けのサイトですが高校1年である私は普段から、毎日10回読んだら、成績が上がりますか?
是非、教えてください?

あなたは、目標はなんですか?
偏差値を70にすることですか?

目標の大学に合格することのはずです。
それをまず理解して下さい。

合格したい大学の目標設定をおこなってください。
それから、現代文がネックであれば、10回問題集を読んでください。
出口の超基礎編でも、問題集は何でも良いです。
とくに指定はしません。

高校1年生の方なら、現代文を1日10回読み、日本史の教科書を1日5回読み、数学の問題集を1日に3問解き、英語の長文を10回読み、英文法の参考書を1日5回読めば、何も恐がることはないでしょうね。
私は、浪人している頃に、
『この繰り返し法を高校1年生の頃からやっておけばよかった』
と思いました。

あなたはチャンスがあります。
ぜひ、始めてください。

出口の超基礎編終わったら、次の基礎編を買った方が良いのですか?

出口の超基礎編終わったら、次の基礎編を買った方が良いのですか?
それとも、使い続けた方が良いのですか?

超基礎編を何度も読みましたか?
それがポイントです。

問題集は何冊も解いていけば、偏差値が上がるということはないです。
試合を何試合もおこない、何もチェックや改造をしないままに、バットを振り続けても名選手にはなりません。

超基礎編のすべての文章を100回読んだのであれば、すべての文章を理解しているのなら、次の問題集を買っても良いと思います。

結果が早く欲しくなり、早く問題集を解いて行けば、スピード感があり、できるようになっている感じがします。
しかし、それは正解でしょうか?
ゆっくりでいいのです。
あなたの目標はなんですか?
合格ですよね?
ゆっくりと合格へ向かえばいいのです。
何度も自分の中で「おれは合格する」と唱え、実際に「合格できる」と思えるようになれば、ゆっくりと焦らずに勉強ができるようになります。

ゆっくりと焦らずに勉強に向かいましょう。