国語の授業は何をしている?

現代文の授業って何をしていたのだろう???
こんなことを考えたことはありますか?

国語の授業では文章の解読をしています。

国語の授業のとき、まず文章を読みます。
みんなで順番に音読していますよね?

この文章には、どういったことが書かれているのか、文章を分解し、構成を考えて図式化して、読み解いています。
読解、つまり読み、解いています。

サブロー

そう言われれば、そんな感じがしますよね。

あなたの高校でも授業では、文章を理解する工程をしていましたよね?
同じですよね?

文章を理解していくことが授業なの?

文章を理解して読み解く。
言葉の意味を理解する。
そして、文章全体の伝えたいことを理解する。

文章の中身を完全に知っていれば、文章の内容を完璧に理解できて入試問題にも完璧に答えることができる。

これがいい流れです。

例えば、
あるアイドルグループがいる
とします。

そのグループが何人いて、それぞれのメンバーに個性やキャラがあり、そのメンバーのいろいろなブログや文章を読んだとします。

あなたは、メンバーの誰が何を好きで、何に夢中か、どんな性格なのかをホームページやブログから読みとっているはずです。
いわば、文章を理解しているはずです。

そう、まさに読解力を使って、理解しています。

文章 ⇒ 読解力 ⇒ 理解

これと同じです。

現代文も、作者の考えが書かれた文章を読み、その人の言いたいことを理解していく教科です。

授業では、それを分かりやすく分析しているのです。

スポンサードリンク

同じ授業を受けていて、なぜ成績の上下ができるのか?

しかし、みんなと同じ授業を受けているのに、偏差値が37になってしまう方が存在するのです。

サブロー

私のことです・・・

なぜでしょうか?

最初に、現代文の試験は問題文がいつも違います。

専門家に言わせると構成は同じかもしれませんが、出題される文章は違います。

国語の授業で教えてくれた文章が、試験問題に出題されればいいのですが、そうはいきません。
でも、ほかの教科だって同じです。

英語も数学も、内容は同じでも、まったく同じものは出題されずに似たような少し違うものが出題されます。

現代文の授業というのは分かりにくいものです。
(私の勝手な言い訳かもしれませんが・・・)

先生がどんどん分解して読み解くものを理解していくのは簡単ですが、
いざ試験となるとなぜか解けない(私だけですか・・・)。
となります。

高校の授業も、もう少し分かりやすく入試を意識した授業をしてくれれば・・・
と思っていました。

ただ、現代文の偏差値がアップし、文章が理解できるようになると試験勉強にも直接リンクした授業の内容であったことに気付きます。

そんなことも気がつかずに授業を受けていた私は、偏差値37なのは当然ですね。

高校の先生は国語のプロなのか?

高校の先生も一応長い間、国語にたずさわっていますので国語のプロといえばプロでしょう。
しかし、私の現代文の勉強法は国語の先生に教えてもらった勉強法では一切ありません。

高校の先生に教えてもらった勉強法はやりましたが、効果がありませんでした。

後ほど書きますが、国語の得意な人が、国語をうまく教えることができるかといえば、難しいところでしょう。

プロ野球の世界でも、
有名な選手が、素晴らしい監督になるとは言えない
という言葉があるように、人に教えるということは難しいものなのです。

全く理解していない人の気持ちを理解して、教えることができる人、
理解できない人にびっくりするほど、噛み砕いて、
現代文はこういう教科なのですよ
と言ってくれる人はなかなか少ないのです。

まとめ

現代文の授業は、文章を読み、
文章 ⇒ 読解力 ⇒ 理解
筆者の考えを理解する方法を図で示しながら進んでいく。

ただ、試験になると、それができない・・・。

高校の国語の先生は、国語のプロですが、国語を教えるプロではないという可能性も大いにある。

勉強しても成果が出ない教科?

国語は日本語。
現代文は日本語。

『日本語だから勉強しなくても解けるよ。』
『現代文はセンスで解くもの科目でしょ。』

この言葉は、私がずっと心の奥底に思っていた言葉です。
そして、みんながよく言いたがる言葉。

『だって、日本語だもの・・・』

現代文はいつも私たちが使っている言葉の日本語で書かれています。
あなたは、いつも現代文に出題される文章と同じである「日本語」を話しているのです。

では、現代文は誰でもできる?
現代文の問題は出来て当然?
現代文は勉強をしても意味のない教科なのでしょうか?

きっとあなたも悩んだことのある疑問でしょう。
さあ、もっと国語を掘り下げて考えていきましょう。

スポンサードリンク

日本語なのに、なぜできないのか?問題が解けないのか?

ではなぜ、できない?
現代文の問題を難しいと考えてしまうのか?

敵(国語)をしっかりと分析していきましょう。

対戦相手をしっかりと分析することは誰もがすることです。
スポーツの世界では当然のことです。

この相手の分析ってやつを現代文でもやってみましょう!

現代文を考えると…

私のホームページ以外にいろいろと現代文についてのホームページや知恵袋などの質問サイトに書かれていることをまとめると。

1.現代文は今までに読んだ文章の量によって、チカラのついた人が読解力を持ち、勉強法なんてない、たくさんの本を読んだ人間が勝てる科目である。

2.日本語がベースとなっている教科なので、勉強で学び、解く科目と言うよりも生まれ持ったセンスで解く科目だ!

3. 現代文の勉強に時間を割くよりも数学や英語に勉強時間を使ったほうが点数アップにつながる。

こんな感じでしょう。
よく言われている言葉です。

サブロー

ちなみに私は中学校の頃、現代文は苦手科目ではなく、俺は勉強しなくても、センスで解ける!って思ってたよ。

例えば、この3つの仮説がすべて本当だったとしましょう。
そうなると、私は偏差値65を取れないことになります。

読書なんて小さい頃から大嫌いでした。
(自信満々に言うことではないですが…)
本は読んでいません。

現代文は勉強すれば、伸びる科目である!?

受験勉強のために有名な方の文庫本を死ぬ程読めば、現代文の偏差値がアップするなら誰もが読むはずです。

もっと言えば、生きていればいろいろと文章を読んでいるから、文章には最低でも少しは触れていて、読解力はあるはず…。

しかし、センスっていう目には見えないものを言われても何もできないですね。

ズバリ!!
先程の3つの仮説は全部デタラメです。

勉強の方法をしっかりと学び、勉強すれば、現代文は偏差値アップできる教科なのです。

現代文は日本語なので、何も勉強をしないで偏差値がいい人が存在するので
『センスで解ける』
と言われることはあるでしょう。

しかし、それは文章を理解するチカラを持っていただけです。

もし読解力を持っていないのなら勉強して、読解力を育ててやればいいだけです。

たくさんの人に『センスだ、勉強しても無駄だ』と言われてきた大学受験の現代文をズバッと変えてやろうじゃないですか!!

あなたも現代文を得意科目にして、
「現代文はセンスではない」
と言ってやりましょうよ。

センスがなくても、コツコツと勉強をしていけばできるようになる教科だと体感して下さい。

まとめ

現代文は読書の量がすべてはウソ。
現代文はセンスで解く科目であるもウソ。
現代文は勉強しても伸びない科目であるは、もっとウソである。
読解力は育てることができる!

先生

勉強しなくてもできる科目、センスで解くことのできる科目は受験科目にはならないよ!

大学受験への決意①

最初のステップから始めますね。

現代文を勉強するための第1歩。

あなたは現代文をマスターするため、国語の偏差値をアップするため、志望校に合格するために差し出すものを決定しました。

地球

決めましたか?
きめたよね!!

現代文をマスターするために差し出すものを決定したら、
その決意を紙に書いて下さい。

え?

いつ書くかって?

『今でしょ!!』
なんていう言葉は使いたくないですが、
『今です!』
もう始まっています。

現代文勉強は気持ちの面が大きい?

私が経験した国語の偏差値アップというのは、気持ちの問題も大きいと思っています。
メンタル(気持ち)50パーセント
勉強量50パーセント
と考えていただいても結構です。

大学受験はメンタル(気持ち)が大きく影響してきます。

大学受験は『これはいける!!』と、どこまで自分を信じられるかが大きなカギです。

私は、国語の偏差値が37でした。
だから決意しました。

『やってみせる!』と。
詳しくは後ほど書きますが、今日のところは最初の一歩、決意を『カタチ』に残して下さい。

スポンサードリンク

毎日の想いをカタチにする、文字にする自分ノートの重要性って?

プロスポーツ選手が、自分ノートを書いていることを知っていますか?
現状や問題点など1日に気がついたことをいろいろと『カタチ』に残しています。

『カタチ』にすること文字にすることはとても大切なことです。
メンタル(気持ち)の部分とリンクしてきます。

自分を信じられること。
裏切らないこと。

とても大切です。

『どこでもいいから大学へ行きたい!』
『大学へひっかかってくれればいい!』
『簡単な勉強法ないかな…』

とあなたが考えて私のホームページを見ているのであれば、申し訳ないですがこのページを最後に他の勉強法ホームページへ移動をお願いします。

申し訳ありません。

サブロー

ごめんなさい~。
本気で現代文を勉強しよう!って気合の入っている人以外にはお伝えできません。

あなたが本気ではないのなら、私の気持ちを理解いただけないはずです。

私の勉強法は、非常に苦しい方法でも、根性が必要でもありません。
また、難しいことを言うわけでもありません。

しかし、『本気』が絶対条件なのです。

まとめ

あなたは現代文をマスターすることへの「差し出すもの」を決めました。
決めたら、その事を紙に書いて下さい。

あなたの本気を知りたいので、絶対に書いて下さい。
『やってみせる!』という、気持ちを文字にしてください。

大学受験はメンタルがとても大切ですよ。

最初は差し出すものから

あなたは、このホームページを読み、今から現代文を克服します。

現代文という科目を理解します、理解するようになります。

うん、そうです。

さて、ここであなたへ初めての質問をします。

現代文の勉強法をマスターするために、何を私に差し出しますか?

国語の偏差値アップと引き換えに何を失う覚悟がありますか?

私は、これから大学受験で私が経験した現代文の偏差値アップの経験談をお話します。
たぶん、あなたはコツコツ勉強をして、現代文の偏差値をアップすることができるでしょう。

なぜ、そんなに自信満々なのかですって?

だって、この私ができたのですから大丈夫です。

トップページにも書きましたが、高校の時のテストの順位が、国語は後ろから2番目の私が!ですよ!
(何度も言いますが、自慢ではないです。)

そんな人間ができたのだから大丈夫でしょ?
あなたもできますよ。

スポンサードリンク

あなたの国語偏差値はいくつですか?

ちなみにあなたの国語の成績は、学年で何位ですか?

「学年でちょうど真ん中かな」
なら、素晴らしすぎます!

デキスギ君です。
(あまりウケなかったので、続けましょう)

くやしかったら偏差値37という数字を出してみてください。
なかなかでませんよ!
(なんの自慢話かわからなくなりましたので本題に戻します。)

現代文の勉強法をマスターするのに、何を私に差し出してくれますか?

あれ、このホームページって何かを取られるの?
無料でいろいろと教えてくれるはずでは…
と思ったあなた。

さすが、文章を理解する読解力がありますね。

そうです、もちろん私は無料で勉強法を教えます。

私に何かを差し出さないといけないの?

実際に私に何かを宅急便で送る必要はありません。

しかし、あなたは何かを差し出す、何かをやめないといけません。

え~、何かをやめないといけないなんて、聞いてないよ~!
って言われてもね。

「ギブ&テイク」
って知っていますか?
何かを得れば、何かを失うってやつ

世の中の大きな原則です。

大金持ちになれば、何かを失うように、現代文をマスターするためには何かを失わないといけません。

あなたは現代文の偏差値を上げるために何を差し出すますか?

もっと言えば志望校に合格するために何を差し出しますか?

“私と”というよりも、この地球と何を交換しますか?

あなたの現代文の成績を上げてあげるよ~
なら、何かを下さい!!

と地球が言っています。

さて、なにと交換しますか?
真面目に、真剣に考えて下さいね。

地球

あなたの現代文の成績を上げてあげるよ~
だから、何かをください~!!

あなた

え~?????

まとめ

現代文の勉強法をこれからマスターするための第一関門!
現代文のために、大学受験のために何を差し出しますか?

地球には『ギブ&テイク』という約束があります。

あなたは何を差し出すのか?を真剣に考えて下さい。

これは約束して下さい!

現代文の勉強法をマスターして、国語の偏差値をアップさせるために最初の一歩に進む前にこのホームページについて注意点を申し上げます。

これだけは約束して下さい!

しっかりと注意点を読んでからお進み下さい!!

私はこのホームページにセンター試験で160点を取得、志望していた国公立大学へ合格した経験をウソ偽りなく書いています。

現代文が嫌いで、不得意科目だった頃から、勉強法を実践し、最後には国語が大好きになり、得意科目になった経験を書いています。

これは事実です。

ウソなんて書いて、ホームページを公開しても何も得はありません。

まず第一点、大切なところです。

サブロー

ここに書かれていることはすべて事実だよ。
僕の経験した失敗や、成功の秘訣もいっぱい書いてあるよ!

スポンサードリンク

ホームページの構成について

このホームページは、
①ホームページの文章
②合格までのブログ
③ホームページを公開し始めてからみんなから届いた質問と答え

の3つの構成でつくられています。

②、③はおまけみたいなものですから、放っておいても良いのですが、ホームページ内の文章には、私の想いをすべて書きました。

『現代文の勉強法の前に』
『国語という教科を考える』
『他の勉強法』
『私が伝える現代文勉強法』

と4つのカテゴリーになっていますが、順番に進んで下さい。

これが注意点です。

長いかもしれませんが、1週間かかるような長文ではありません。
書いた内容は私が経験して、本当に伝えたい部分だけを書いています。

勉強法だけを読んで…では、必ず挫折してしまいます。

本気で現代文を克服する気がある、真剣な方であれば私の気持ちは伝わるはずです。

よろしくお願いします。

ホームページを続けていく中で、悪口も頂いています!?

ホームページを公開し、「質問と答え」という質問コーナーを設けて、もっと理解が深まれば良いかと思い、質問を受けていることがありました。

みなさんからの質問を受け、いろいろな言葉をいただきました。

中には全く文章を読まずに、内容を理解していない質問や、考えられないような悪口もいただきました。
(勉強法を公開しなければよかった・・・と、凹んだ時もありました(+_+)・・・)

しかし、そんなものは一切気にしないことにしました。

その理由は・・・

あの頃の偏差値が低い私のような方が1人でも現代文の成績がアップできるように。
ひとりでも、現代文の成績を良くして、志望校に合格してほしい!

と、想い続けてです。

色々な意見は無視して、さあがんばりましょう。

まとめ

このホームページは
『現代文の勉強法の前に』
『国語という教科を考える』
『他の勉強法』
『私が伝える現代文勉強法』

と4つのカテゴリーから成っています。

どれも捨てる部分のない、すべて伝えたい内容です。
長いですが、読んで下さい。

勉強法のページだけ読んでも、成績は上がらないと思います。
また、このホームページに書かれていることはすべて実体験であり、ウソ偽りはありませんよ!!

現代文がきらいなあなたへ

はじめまして!
私のホームページを見ていただき誠にありがとうございます。

この『国語現代文の勉強法』は大学受験で国語の偏差値がアップせずに、特に現代文がチンプンカンプンな過去の私のような経験を今まさにしているあなたへ書いた手紙です。

あなたはいま、「現代文を理解する勉強法」を手に入れようとしています。

そして手に入れることができます。

現代文の成績だけが悪い…
国語の偏差値だけが50へ届かない…
国語さえ、もっと成績が上がれば…

と毎日思っていませんか?

このホームページの方法で、私自身は偏差値アップの経験をしました。

スポンサードリンク

現代文って勉強して伸びる教科なの??

高校生の頃の私は、国語の成績が上がらず、問題集を解いたり、小説を読んでみたり、いろいろなことを試してもぜんぜん偏差値が上がらずに、『現代文は楽しくない!!』と考えていた一人でした。

もっとも私のひどかった時の国語の偏差値は『37』です。
(立派な数字でしょ!)

しかし、最終的には国語の偏差値を『65』にアップさせました。

後ほど詳しく書いてきますが、その経験談をしっかりと書き綴ったのがこのホームページです。

たぶん、このホームページを見ているということは、あなたも思った以上に国語の偏差値が伸びずに、とくに現代文に困っているという方ではないでしょうか?

勉強して現代文の偏差値がアップするなら勉強しますよ!
私はやりますよ!

しかし、どうやって勉強していいのか?

どうやって勉強していけば、少しずつでもいいから偏差値がアップするのか?
誰か教えてよ~

勉強法さえ教えてくれれば本気でやるよ?

やる気はある。
国語の偏差値を上げるための勉強時間もある。

しかし、どうやって勉強していいのかがわからない。

「どうしたら現代文の問題を解くための読解力がつくのか」を教えて欲しい。
読解力をマスターできる勉強法を教えて欲しい。

と考えているはずです。

高校生の頃の私自身がまさにその状態でした。
そんな同じ状態であるあなたへ書いたホームページです。

あなたのために書いた私の渾身のお手紙です(#^.^#)

私はこの勉強法で国語の成績をアップさせました。
現代文が楽しい教科へと変わりました。
センター試験本番では国語の点数は160点でした!

どうやって勉強していいのかがわからない…
という私の疑問はなくなりなりました。
大学受験現代文の勉強法は存在します。

なぜ、この方法を高校の先生が高校1年生の春に教えてくれなかったのかが今でも疑問ですが、大学受験現代文の勉強法は毎日コツコツと続けていけば偏差値アップがついてくる方法です。

ぜひ参考にして下さい。

そして国語の偏差値を上げ、あなたの志望校合格を手にして下さい。
『○○(あなたの名前)!始めましょう』

まとめ

私の経験した国語の最低偏差値は『37』でした・・・。
言い訳をするなら、勉強をする方法を誰も教えてくれなかっただけ。

勉強法さえ、教えてくれれば私は絶対にやり抜くと考えていた!
誰か教えてよ~があの頃の私の気持ちでした。

あの時の私と、あなたが一緒の気持ち。
私が、あなたへ勉強法をお伝えします、さあ、始めますよ。

あなたはできる

実力テストの成績表が配られた、つい最近のことを思い出して下さい。

思っていた以上に成績のよかった英語、必死に暗記した日本史、公式を覚え何度も問題集を解いた得意の数学。

しかし、国語の偏差値だけが信じられないほど悪い…。

とくに現代文が点数を取れていない。

いま、あなたはそんな状態にいる。

そこで、あなたは友人・知人にいろいろな勉強法を聞き、本屋さんで目に付いた国語の参考書を買い、
ちょっと国語というか、現代文を勉強してみた。

先生に言われた通りに毎日、新聞の社説を読み、楽しくない夏目漱石の小説を読んだ。

いや、正確に言えば読まされた。

それで?

何かが変わったのか?
何も変わってない!!

自分の中で何も変わってないことはわかる。

現代文ができない原因はなにか?

現代文の問題が解けない事から、自分自身が「読解力」というものが身についていないことはわかっている。

原因はそこしかない!

読・解・力

よくわからん!

スマホで何か現代文を勉強する方法はないのかと調べ始めた。

勉強する方法がよくわからない。

現代文って、英語のように英単語や慣用句、構文を覚えていくという教科なのか?

ただの丸暗記教科なのか?

日本語は読める、小説も読める、新聞に書いてある文章の意味も理解できる、
しかし、現代文の偏差値は上がらない。

現代文がわかる!っていう実感は一切なし。

現代文の勉強の方法さえ、教えてくれれば必死にその方法に取り組む覚悟はある。
クラスでも努力の面でいえば、なかなかの順位にはいけると思う。

しかし、明確な勉強方法がわからない。

誰もわかっていない。
誰も教えてくれない。

授業なんて受けてもどうなの?
と考える。

問題集を開き、解いて、解説を読んだところで解き方の方法はよくわからない。
英語の方がよっぽど簡単な気がする。

スポンサードリンク

現代文の勉強法は本当にあるのか?

そして、スマホから、あるホームページに書かれた「現代文の勉強法」を見つけた。

これしかない!
となんとなく思った・・・・・・・・(#^.^#)

この人こそ、今のあなたです!!
あなたは巡り会う運命でした。

そのホームページに書かれた勉強法は、とくに難しいことをする方法ではなかった。
しかし、毎日コツコツと続けていくことが書かれていた。

難しくない、ただ続けないといけない…。
なんとかなりそう!

というか、国語のセンスはないが努力なら負けない!

その方法以外にいい勉強法はなかった。
半信半疑で試し始めた。

数日は楽しくなかった。

でも、他に方法がなく、仕方がなく、続けた。

なぜか少しずつ文章の意味、文章の内容がわかる気がしてきた。
なぜだかはわからなかったが、『おおぉ』という感覚は数日後にあった。

このホームページにはお節介にも、現代文という教科ってこんな感じ、という参考書には書いてないことまで書かれていた。

気がつくと、現代文の文章を読むのが楽しくなってきた。
そして問題が解けるようになってきた。

で、どうなったのか?

国語の偏差値は上がっていた。

そして、先生に『国語の成績がここにきてグッと上がったな!すごいぞ。』と言われ、

クラスのみんなに

『ねえ、国語の偏差値を上げる方法を教えてよ。』
『なんで現代文の偏差値が一気に上がったの?いいなあ。』

『現代文の勉強博士じゃないの』

と言われるようになった。

さて、ここまで呼んでくれた努力家のあなた!

これが理想ですよ、次のページへ進んで下さい。

あなた

勉強はしっかりとするから、現代文の勉強法を教えて下さい!

天使

わかりました!
あなただけに特別に教えましょう。

まとめ

現代文が苦手なあなたはネットで『現代文の勉強』を見つけた。
それは、難しいことをするわけではなく、続けることが書かれていた・・・。

そのホームページの管理人はその勉強法で偏差値を上げたらしい!!