先に文章を読んだ方がいいのか、 問題を理解してから文章を読んだ方がいいか

実際に模試などのときは、先に文章を読んだ方がいいのか、
問題を理解してから文章を読んだ方がいいかどちらが、いいでしょうか?

ナルト 様へ
質問ありがとうございます。
現代文に慣れてくるまでには時間がかかります。
それはご理解下さい。

さて、模試の試験当日ですが、文章⇒設問か、設問⇒文章がいいのか?
よく聞かれますが、設問から読むと、なぜかその設問に囚われてしまい、文章の本質を見逃すような気がしないですか?
いかがですか?

特に気にならずに、文章全体を理解できるなら、設問から読み、どんなことを聞かれるかを理解してから、文章に入っても良いと思いますが、私は、設問に囚われるのが嫌だったのと、文章の本質、文章の言いたいことを最初に理解しようとしていたため、文章から読み始めていましたよ。

文章は、筆者が言いたいことが書いてあります。
そして、試験に出題されるということは、良い文章が出題されています。

その文章を読むことが楽しみになれば儲けもの。
試験、試験と意識をせずに、文章の意味を理解することが国語の本質です。
そこを問われています。

まずは、文章の内容把握に努めていくことが良いと思います。

私も文章の内容把握が苦手で、本当に苦労しました。
そこで、何かテクニックを求めて、いろいろなホームページや本を見ました。
ただ言えるのは、偏差値を上げて点数を稼ぐなら、基礎を磨き、何度も文章を読み、内容把握の力をつけることが、一番の近道です。

コツコツがんばって下さい。

高3になり、受験に対して意識し始めなくてはならない時期

高3になり、受験に対して意識し始めなくてはならない時期になりました。

私は現代文という科目が本当にわかりません。
色々な参考書に手を出し、途中で投げ出しました。理由は全く成績が上がらないからです。
古文、漢文は暗記(単語、句形など)から入るという土台から作り上げることができますが、現代文の土台というものが私にはわかりません。

また現代文が出来ないからか、模試で先入観みたいなものが入り、またどうせ出来ないだろうと、そう考えている自分がいます。

こんな私の現代文の状態はどうすれば改善されていくのか是非とも教えて頂けたら幸いです。

KKK 様へ

何もあなただけではありません。
受験科目に不得意科目、どうしようもない科目があるのがあなただけではありません。

現代文についてですが、改善していただけるように私の経験したことをホームページ内に書きました。
この程度の文章では伝わらないでしょうか?

あなたが本気になっているかだと思います。
私は、国語をどうにかしないといけないと考えて、「何回も読む」という取り組みを先生に聞き取り組みました。
そして偏差値を上げました。

あなたは何をしましたか?
先入観を持ち、なにもしないで、「やはりまたできなかったか・・・」と思っているだけではないですか?
土台は、文章を理解する力です。
読解力です。

読解力を持つためには、何度も何度も読むことです。
本日から、問題集を1冊買い、文章を読むことを勧めます。

でも、行きたい大学がないのなら難しいかもしれません。
それなら行きたい大学を決めてからにするべきです。

誰しも勉強はしたくないし、不得意科目はあります。
違ってくるのは、そこで努力をして目標を達成するのか、とりあえずがんばるかの違いです。

行きたい大学と、いける大学は違います。

あなたが決める将来です。
あなたが決めて、あなたが取り組み方を決めるべきと思います。

現代文の土台というものが私にはわかりません。

高3になり、受験に対して意識し始めなくてはならない時期になりました。

私は現代文という科目が本当にわかりません。
色々な参考書に手を出し、途中で投げ出しました。
理由は全く成績が上がらないからです。
古文、漢文は暗記(単語、句形など)から入るという土台から作り上げることができますが、現代文の土台というものが私にはわかりません。
また現代文が出来ないからか、模試で先入観みたいなものが入り、またどうせ出来ないだろうと、そう考えている自分がいます。

こんな私の現代文の状態はどうすれば改善されていくのか是非とも教えて頂けたら幸いです。

あなたは現代文を克服したいという気持ちがあります。(良いことです)
あなたは現代文へ苦手意識を持っています。(楽しくない~)
どうしたら良いか?
もしかしたら、一気に改善することを望んでいませんか?

>色々な参考書に手を出し、途中で投げ出しました。
すぐにできるなんて甘い教科ではありません。

始めるなら、結果は後からついてくると気持ちをゆっくりにして取り組むしかないと思いますよ!

私だって、偏差値38から始めて、半年以上はかかっています。
現代文の文章を毎日10回読む。ただそれだけですが、繰り返し続けることで、自分の中の変化を感じました。

あなたも変化を感じるには1カ月では無理でしょう。
疑いながら、途中で投げ出すかもしれません。

でも、合格したいのなら続けることです。

受験は、
合格するには、
続けることが最も難しいことなのです。

それができた人が3月に笑っていると思います。

続けることは難しい、でも、続けるってしんどいことではないのです。
毎日繰り返すだけです。

あなたの改善策になってはないと思いますが、それだけだと思います。
がんばってください。

小説はどのように勉強しましたか?

評論文は模試でも満点をとってるぐらいできるのですが、小説が全くできません。
小説はどのように勉強しましたか?

評論文、小説を問わずに全く出来なかったという私でした。
しかし、関係なく、何度も読み繰り返し読み。
自分自身に読み聞かせました。
どちらも不得意だと苦手意識が小説にあるという感覚は私にはありませんでした。
やっていることは同じでした。

ただひたすら文章を理解しようと読むこと。
毎日読むこと。

この繰り返しでした。

小説だから、こうしたという変更点は特にありません。
答えになってないかもしれませんがそうでした。
すいません。

現代文もっと好きになりたい

音読で最近塾のテキストでは一個ミスとかになってきたんですが模試になるとどうもうまく力が発揮できません。
音読を一日欠かしたら全部ダメになりますか?
でも音読してきたから、げんぶん嫌いじゃなくなってきました!
先生の音読信じて良かったです。
でもまだまだなんですよね^ ^
現代文頑張ります^ ^

私は朝に三回、夜に三回やってます。
少し少ないでしょうか(°_°)
現代文もっと好きになりたいです^ ^

音読を続けられているようですね。
すごいことです。
続けていけば何かが見えてくることは、勉強だけではなく、他のことでも同じです。
ぜひ、がんばってほしいです。

さて、塾のテキストでは解けるようになってきて、模試では・・・ということですが、リラックスさでしょうか。
しかし塾の問題が解けるようになってきているということは、チカラはついてきている証拠です。
1日欠かしたぐらいでは、簡単にチカラがなくなるようなことはありません。
もう少ししたら、模試でも何でも解けるようになってくると私は確信しております。
がんばって続けて、好きになって下さい。

好きになることが偏差値を上げる最も近い道ですね。

偏差値65にするまでにどのくらいの時間がかかりましたか?

ただいま高校1年でこのやり方で現代文を勉強しています。
それでききたいことなんですが、このやり方で偏差値65にするまでにどのくらいの時間がかかりましたか?

質問ありがとうございます。
さて、時間ですが本当に最後の模試で『来た!』と実感したぐらいです。
6月に正式から始めて、センター前の12月ぐらいであったと思います。
遅いのかもしれませんね。
でも、毎日現代文を10回読むことと、毎日朝晩に『○○大学へ合格できる!』と自分に読み聞かせていたので、センターの時には何の不安もなかったです。
高校1年生の方なら、受験の時には間違いなく大丈夫ですね。
あとは、自分におまじないとかける意味で、『受かる』と言い聞かせるといいと思います。

模試や考査ごとに毎回偏差値が変わります!

こんにちは。
私は模試や考査ごとに毎回偏差値が変わります。
今まで運で受けてきました。
成績が不安定で、本当の本番(入試)のことを考えるとすごく心配です。

とにかく沢山読むとのことですが、そうやって慣れていけば、最終的には、センターなどで、初めて読む文章でもすぐ理解できるようになる、ということですか?
…いや、なられたんですよね。実際に。

コツコツやっていこうと、このサイトで改めてやる気が出てきました。
ありがとうございます。
ちなみに、6月の駿台では65.9でした。でも、いつもほとんど古文漢文で取っているようなものです。

現代文が一番低かったです。模試によっては40前後のことも何回かありました。
本当に不安定なんです(>_<) 中高一貫の高1です。先生に受験のことをすごくいわれるので、余計に…。 ものすごい長文失礼しました。 よろしくお願いたします。

高校1年生の方で、こんなに受験に対して真剣なのはすごいですね。
私の高校1年生のときには確実に彼女のことか部活のことかみんなで遊ぶことを考えていました。
すばらしいですね。

国語の偏差値が65.9はすばらしいです。
しかし、現代文に波があり、40前後のときもあるということですね。

現代文の繰り返し勉強法をゆっくりでもいいので始めて下さい。
時間はまだ十分にありますよ。

絶対に上がると信じて始めて下さい。

駿台記述模試で国語偏差値29でした。

駿台記述模試で国語偏差値29でした。
現代文が凄い出来ないので何回もキャッボールしようと思うのですが、 記述とかも出来るようになるものでしょうか?

三世さん、大丈夫です。
私も偏差値30台を連発したことはありますが、最後のセンターで見事80割を取りました。

さて、内容の件ですが、あなたは自分自身のことを文章で書くことができますか?
または誰か友人の紹介文を書けますか?
書けるはずです。
なぜ、紹介文を書けるのか?それは自分自身のことやご友人のことを知っているからです。

現代文も同じことです。
問題にでてくるあの長い文章の中で作者が何を言いたいかを理解すれば、友人のことを理解しているのと同じことです。
出題された文章を何度も繰り返し読み、内容を理解すれば、記述式もマーク式も関係ありません。

がんばって!
予備校の先生が言っていましたが、偏差値55が70になることは難しいが、偏差値40以下の子は、勉強の方法さえ知れば一気に偏差値60、70もすぐに行けると言っていました。
私もそう思っています。

偏差値29ということは、まだ何もやっていない白紙の状態と思って、基礎から始めれば一気に階段を登れますよ。

本当にできるようになりたいです!じゃなくて、なります!! どうか、教えてください。

はじめまして。現在高1でMARCHレベルの私立を目指しています。
先日、河合塾の全国模試を受けて、国語が自己採点で200点中31点という点数を取ってしまい、自分の実力の無さに気づきました。
難関大学を目指しているのにこんな状態じゃヤバイ!!!と思って私は現代文を本気で勉強することを決意しました。だけど勉強方がわからなくて途方に暮れていたとき、このサイトに出会いました。

全文読みました。私に当てはまっていることかなりありました!そして私もやってやろうという気持ちになりました。
すみません、長くなりました。
ただ、貴方がこのサイトを作ってくれたことに感謝したかったんです…。

質問ですが、問題文を何回も読むというのは、ただ普通に読んでいるだけでいいんですか?
塾の先生は大事なところに線を引くだとか言い換えていっていることはイコールで結ぶとか言っています。
本当にできるようになりたいです!じゃなくて、なります!!

どうか、教えてください。

ホームページについて、褒めていただいてありがとうございます。
塾の先生が言われていることはわかります。

しかし、良く考えて下さい。
私も信じられない偏差値37をゲットしたものです。その偏差値37の人間が引いた線やイコールで結んだ箇所が正しいと思いますか?
余計にややこしくなり、もしかしたら、ぜんぜん違う部分に印を書き、後の設問を解くときに余計に惑わされてしまうかもしれません。

でしょ?
理解できていない人が知ったかぶりをして、みんなの前で話しているようなものです。
塾の講師の方は、国語のできる人なので、問題に慣れているので、そういったコツを言いますが、
もっと重要なわかならい人の気持ちがわかっていない
から、そう言うのでしょう。

繰り返し、読むことでいいです。
余計な印を書くのは止めて下さい。
何度も読み、繰り返して読み、理解していく過程を経験して下さい。

質問文の最後に、とてもいい言葉がありました。
『本当にできるようになりたいです!じゃなくて、なります!!』
そうですね。
あなたはいきなり3歩は成績アップに近付きました。

そうです。
なります!の言葉を毎日繰り返し、思いこみ、気が付いたら「できるようになっていた!」と感じて下さい。

あなたは、必ずできるようになります。
偏差値37の私が、現代文を克服したのです。大丈夫です。

そこで質問なのですが、同じ文章を何度も読むというのはどのタイミングで新しい文章を読むのに切り替えればいいんでしょうか?

こんばんは。
今日模試を受けて自己採点した際に、現代文の結果がとても悪く、これじゃ駄目だと思いいろいろ調べた結果このサイトに行き着きました。
さっそく、10回読むという勉強法をやってみたいと思っています!
そこで質問なのですが、同じ文章を何度も読むというのはどのタイミングで新しい文章を読むのに切り替えればいいんでしょうか?
たとえば自分の中で100%理解した!と感じたら、新しい違う文章をまた一日10回読めばいいのでしょうか?
お返事よろしくお願いいたします。

理解できたら、次の文章へ変わってOKです。
しかし、勘違いされては困るのは、

「多くの文章を読めば、現代文の偏差値が上がる」

ということはありません。
同じ文章を100回は読みましょう。
理解する行為を学ぶことが重要です。

現代文の成績を上げるために、有名な人の文庫本を100冊読んでも偏差値が上がるとは言えません。

少しずつ理解していく方法を学びましょう。
1つの文章を100回は読み、理解する方法を学ぶことが重要です。