朝と夜で5回

朝と夜で5回に分けてやってもいいんでしょうか?

朝と夜に別々に読む、夜だけで10回読む。どちらでも良いと思います。
根本にあるのは、何度も読み込んであなたが文章を理解すること、文章の本質を学ぶことです。
あなたが文章で何を言いたいかを読み取るチカラがつくのなら、朝・昼・夜は関係ないはずです。

試験まで3ヶ月

はじめまして。
いきなりですが、1つの問題文を読みまくることは理解できました。
では、その問題文の設問は解かずに次の問題文へ移って良いのですか?
また、あと試験まで3ヶ月です。
1つの問題文を100回読むことを今から始めても間に合いますか?
長々とすいません。お願いします。

文章をしっかりと読み解く、理解することが第一の目的です。
1日10回ずつ、20回ずつでも結構です。
1つの文章を理解できるまで読んでください。

文章を理解することとはどういうことかを経験していただけます。
そこまで読んで下さい。
回数は、目安です。
1日10回を毎日続ける。
1日20回を毎日続ける。
あなたが3か月しかないというのなら、人生であと3カ月しか勉強をしないと決めたなら、毎日30回でも理解できるまで読むことができるはずです。
しっかりと続ければ間に合うとあなたが信じてやっていかないと成果はでません。
自分のやっていることは、自分のためである。
絶対に受かる!
毎朝、目標の紙を読んでいますか?
しっかりとサイトを見直し、勉強法に向かって下さい。
頑張ってください。

現代文もっと好きになりたい

音読で最近塾のテキストでは一個ミスとかになってきたんですが模試になるとどうもうまく力が発揮できません。
音読を一日欠かしたら全部ダメになりますか?
でも音読してきたから、げんぶん嫌いじゃなくなってきました!
先生の音読信じて良かったです。
でもまだまだなんですよね^ ^
現代文頑張ります^ ^

私は朝に三回、夜に三回やってます。
少し少ないでしょうか(°_°)
現代文もっと好きになりたいです^ ^

音読を続けられているようですね。
すごいことです。
続けていけば何かが見えてくることは、勉強だけではなく、他のことでも同じです。
ぜひ、がんばってほしいです。

さて、塾のテキストでは解けるようになってきて、模試では・・・ということですが、リラックスさでしょうか。
しかし塾の問題が解けるようになってきているということは、チカラはついてきている証拠です。
1日欠かしたぐらいでは、簡単にチカラがなくなるようなことはありません。
もう少ししたら、模試でも何でも解けるようになってくると私は確信しております。
がんばって続けて、好きになって下さい。

好きになることが偏差値を上げる最も近い道ですね。

行きたい大学が決まっている

はじめまして、このサイトに出会えて本当にうれしく思っています。
今日から、実行していきたいです。
どのくらいで、成果が出ましたか?
私は、いま高1で、来年1年留学します。
行きたい大学が決まっていて、さっきまで、現代文を効率が悪い勉強法で頑張ってやっていました。
前の、模擬の結果を見て、あせっています。
国語が、以上に悪く、面談の時に言われたぐらいわるかったです、、、

来年1年留学されるって素晴らしい経験をされるということですね。
とてもいいことだと思います。すごいです!!
大賛成です。
頑張ってください。

さて、どれぐらいで成果が出たか?
6月から正式に初めて12月には出ていたと思います。
ただ、土曜・日曜はちょっと朝起きるのが遅いだけで、ずっと受験勉強をしておりました。
毎日どれだけ勉強するかがポイントなので、毎日1時間で半年後に結果がでるかどうかは何とも言えません。
ただ、あなたは高校1年生。
十分な時間があります。
ゆっくりとでいいので、国語って楽しいね。
文章を読むことっていいことだという良い方向に進めば、楽しくなり、自動的に成績も上がっていくと思います。

入試まで後3ヶ月しかなくて今の僕の偏差値は40ぐらいしかありません。

偏差値55の大学に行きたいのですが
入試まで後3ヶ月しかなくて今の僕の偏差値は40ぐらいしかありません。

この勉強方法がすばらしいと思ったので試そうと思うのですが3ヶ月しかないので焦りしか出てこないのです。

なので他になにかやったほうがいい事はあるのでしょうか?
それともこの勉強方法だけで大丈夫なのでしょうか?

残り3ヶ月ということのなので、期間が決まっていますね。
大変な時です。

厳しいことを言うかもしれませんが、『他になにかやったほうがいい事はあるのでしょうか?』とはどういう意味でしょうか?
質問の意図が不明です。

『他に何をやれば、甲子園で優勝するほどのピッチャーの玉が打てるでしょうか?』

という質問をされているようなものです。
私が、『他に現代文を毎日100回読んで、1日の睡眠時間を4時間にして、毎日数学の問題集の全問をすべて解いて・・・』
と言ったらできますか?
できないはずです。

みんな不安を抱えて取り組んでいます。

始めるのには、誰の声も関係ありません。
あなたが『やるべき』と思えば、やるべきです。

あなたの合格したい大学を決めて、紙に書いて毎朝『○○大学に合格する』『国語の偏差値を55にする!』と書いて、読んでいますか?
そこからしっかりと始めるしかありません。

絶対に受かりたいのなら、テレビも何もかも捨てて、受験に向かうはずです。とりあえず、目標を紙に書き、差し出すものを決めてから、始めて下さい。
私の勉強法は、現代文を何度も読むというだけではありません。
決意をしっかりとすることから勉強法です。

そこから始めて下さい。

残り3ヶ月です。
何をしても時間だけは変わりません。
自信を持つ練習をスタートして、ゆっくりと偏差値を上げるしか方法はありません。

他の勉強法があれば、その方法でも良いと思います。
何かでゆっくりと時間をかけて、自信を育まないと受験に勝つことは困難となります。

さあ、ペンと紙を持って、1時間後には、現代文を読み始めて下さい。
何を言われても、何度も読み、続けて下さい。

がんばって下さい。

偏差値65にするまでにどのくらいの時間がかかりましたか?

ただいま高校1年でこのやり方で現代文を勉強しています。
それでききたいことなんですが、このやり方で偏差値65にするまでにどのくらいの時間がかかりましたか?

質問ありがとうございます。
さて、時間ですが本当に最後の模試で『来た!』と実感したぐらいです。
6月に正式から始めて、センター前の12月ぐらいであったと思います。
遅いのかもしれませんね。
でも、毎日現代文を10回読むことと、毎日朝晩に『○○大学へ合格できる!』と自分に読み聞かせていたので、センターの時には何の不安もなかったです。
高校1年生の方なら、受験の時には間違いなく大丈夫ですね。
あとは、自分におまじないとかける意味で、『受かる』と言い聞かせるといいと思います。

大学受験への決意②

あなたの目標を
あなたのヤル気を
『カタチ』にすることを話しましょう。

このページをまだ読み続けているということは、あなたは本気であると信じます。

絶対に合格してやる!
私は絶対に受かる!
と思っている人が大学へ合格できます。

サブロー

あなたが信じ続けることが大切!

これは事実です。

イチローはいつも自分が打てると信じて打席に立っているそうです。

今は始まったばかりで、『志望校に合格』なんて考えられないかもしれませんが、ゆっくりと自分の中に『私は絶対に受かる!』という気持ちを育てていきましょう。

よく、『自分を信じる』という言葉があります。

自分ができると思ってなければ何もできないはずです。

あなたは本当に現代文の偏差値をアップさせようと思っていますか?
本気ですか?
本気なら大丈夫。
あなたにはできます。

地球

あなたが自分自身を信じ続けることが大切!

スポンサードリンク

紙に書き出すってなにをするの?

では、決意文について説明します。

①前ページの現代文の偏差値アップと交換する差し出すものを決める
くれぐれもいいますが、ウソはダメです。
本気になって考えてください。
これは1年間完全に守ることを書きます。

②紙を準備する
そして、『私は国語の偏差値を65にする! 』
もしくは、『○○大学○○学部合格』
差し出すもの・・・
例:
テレビを見ること(あなたの決めた事柄)
マンガ読むことを1年間止める!
などなど
と書いてください。

③書いた決意の紙をあなたが勉強する机の見えるところに貼り付ける
以上です。


こんな感じでしょうか。
やりましたね!

あなたはもうすでに50パーセントを達成したようなものです。
50パーセントはいいすぎましたが、これから50パーセントにしていきましょう。

机の前に貼ってどうなるの?本当にやるの?

机のところに貼ることで毎日勉強をする前に必ず目に入り、いつの間にその言葉があなたの頭の中に焼き付いてきます。

そして、自然と、あなたはその言葉を必死に達成しようとします。

モチベーションを維持しながら勉強に取り組めます。

あなたがどんどん達成に向かっていくマジックです。

『紙に書けってアホらしい』
『紙に書いて貼ったら偏差値が上がるなら、塾なんていらない』
という言葉が聞こえてきそうです。

その方は一度、考えて下さい。

なぜ、私はこんなことを書くのでしょうか?
絶対に必要なことだからです。

私だって、意味のないことをわざわざホームページを公開する運営費を支払って書いている訳ではありません。

本当に大切なことであり、現代文を苦手だったあの頃の私のように、本気なのにどうしていいのかわからない人に勉強法を伝えたいのです。

サブロー

合格のためだよ

私の経験したことですので、なんのウソ偽りもありません。

もし現代文の偏差値を上げたくなかったら、この方法がくだらないと思えば、今すぐに、このホームページを閉じてしまえばいいだけのことです。
それぐらい私はこの方法を信じています。

だって、実際に偏差値を37から65にした本人が言っているのですから。

本当は私も紙に書いて貼り付けた当時は『本当かよ』『ダサい・・・』と思っていましたよ。
しかし、偏差値をアップする方法がこれしかなかったのですから、仕方なくやり始めたと言うのが、正直なところです。

しかし、結果はでました。

合格しました!

大丈夫です。

決意表明は貼っただけではNO!これから始めていくこと!!

さて、先ほどの決意の紙ですが、毎日、家に帰ってきて勉強をする前と最後に読んでください。
毎日、宣言して下さい。

読んで下さい。

声に出して読むことがあなた自身に読み聞かせることができ、あなた自身を本気にさせる効果が大きいので、オススメです。
しかし、できなければ心で唱えてください。

サブロー

独り言が多いと、親が心配しますからね

これが決意の文章の使用方法です。

少しずつパーセントを上げていくといいましたが、これから毎日読み聞かせることによって、やる気パーセントが上がっていくのです。

信じられない!と思うならやってみてください。

数日すると『本当にできるかもしれない。やってやるぞ』とチカラがわいてくることが実感できるはずです。

サブロー

私は、毎日音読していましたよ!
最初は恥ずかしいし、意味のない気がする。
でも、続けていくとなぜか信じられるようになりますよ。

天使

信じて続けるって大切

まとめ

自分を信じることが重要。
そのために目標達成の決意表明を紙に書き、カタチにする。

決意表明は毎日朝と夜に音読すると良い。
私は毎日続けていましたよ~!