勉強法についてもっと詳しく説明

私のホームページ『国語現代文勉強』を読んでくれてありがとうございます。
公開以来、毎日たくさんの方が見てくれて、とても励みになっています。

このカテゴリーでは、
・ホームページにある勉強法ってやつを読んだけど、ちょっと理解が・・・
・もう少し詳しく勉強法について教えてほしい
・よくわからなかった!文章の書き方が下手なんじゃない~
・本気で勉強したいけど、もう少しテンションの上がる話をして~
などなど、

いろいろと疑問のあるアナタのため、久しぶりに更新を致しました。

このページでは、勉強法をもっと噛み砕き、丁寧に丁寧に書いていきます。

サブロー

ご理解をいただきたいのは、私は国語の偏差値元40以下だからね。
文章を書くことが得意ではないのよ

天使

現代文が苦手なアナタの為に必死でがんばろう~

現代文っていったい何を書いた!?

おおよそ現代文という教科については最初のカテゴリーで理解し、サブローが現代文を完全に諦めていた時代に高校の先生に言われて試した勉強法のことは書きましたね。

⇒教科:国語を考える
⇒以前試した勉強法:高校の先生に言われて試した現代文勉強法

ここはOKですね。

現代文とは、文章の内容を理解し、内容を理解したうえで、各設問を解いていくって試験。

現代文の成績を上げるには、文章の内容を理解することが最も大切ってこと。

これはOKね。

高校の先生に言われた勉強法では、読書、新聞、社説を読むって、あまり効果がなかったよ。

問題集を何も考えずに解き続けても意味がなかったよってところもいいですね。

もし、私のホームページの中でこのページから読んでいる人がいたら、ちょっと問題があると思いますが、人それぞれの考え方なので、あれこれは言いません。

ただ、サブローとしては、わかり易く、理解しやすくするために、順番に書いているってことを忘れずに!

本当は最初からじっくり読んだ方が理解できるはずだよ。

サブロー

焦らずに勉強はした方が良いよ。明日すぐに偏差値アップする方法なんて滅多にないからさ。

スポンサードリンク

受験で大切な心構えとは?

国語という教科とは
サブローの失敗勉強法
はOKとして、勉強を進めるうえでの心構えは良いですか?

サブローとしては、一番言いたいことは勉強法だけど、
本当にアナタに知ってほしいことは
『目標設定』
『決意と毎日目標を読む事』
の方が実は理解して欲しいことだったりします。

サブロー

実はね。

今は受験だし、現代文の成績がパッとしないから、慌てているかもしれないけど、
実はアナタがどこに向かっていこうとしているか、ベクトルをはっきりしておくことってとっても大切で、
あなたが志望校をガッチリ決めているか?

どうしても、○○大学に入りたいと決意しているか?

○○大学に入る為なら、テレビを観ることや漫画を読む事なんて捨ててもいいよ!

と思っているかの方が受験よりも大切だったりします。

地球

がんばって!!
いつも見守っているよ。

今後の人生の為にはね。

ただ、受験を突破することがアナタの重要事項なので勉強法についてもっと詳しく説明をしていきますね。

くれぐれも、目標設定と志望校を紙に書いて、机のところに貼ることだけはやってね。

現代文が出来ないわけではないのですが、設問を1つに絞ることが出来ません

こんにちは。YANと申します。
自分は、めちゃくちゃ現代文が出来ないわけではないのですが、設問を1つに絞ることが出来ません。

2つくらいには絞れます。
あ、こいつは違うな、というのも分かります。ただ、最後の一手で間違えてしまうことが多々あります。

できれば現代文を武器にしたいのですが、以上のことを解決するために、この勉強法は有効でしょうか?

「現代文が出来ないわけではないのですが、設問を1つに絞ることが出来ません」の続きを読む…

高3になり、受験に対して意識し始めなくてはならない時期

高3になり、受験に対して意識し始めなくてはならない時期になりました。

私は現代文という科目が本当にわかりません。
色々な参考書に手を出し、途中で投げ出しました。理由は全く成績が上がらないからです。
古文、漢文は暗記(単語、句形など)から入るという土台から作り上げることができますが、現代文の土台というものが私にはわかりません。

また現代文が出来ないからか、模試で先入観みたいなものが入り、またどうせ出来ないだろうと、そう考えている自分がいます。

こんな私の現代文の状態はどうすれば改善されていくのか是非とも教えて頂けたら幸いです。

KKK 様へ

何もあなただけではありません。
受験科目に不得意科目、どうしようもない科目があるのがあなただけではありません。

現代文についてですが、改善していただけるように私の経験したことをホームページ内に書きました。
この程度の文章では伝わらないでしょうか?

あなたが本気になっているかだと思います。
私は、国語をどうにかしないといけないと考えて、「何回も読む」という取り組みを先生に聞き取り組みました。
そして偏差値を上げました。

あなたは何をしましたか?
先入観を持ち、なにもしないで、「やはりまたできなかったか・・・」と思っているだけではないですか?
土台は、文章を理解する力です。
読解力です。

読解力を持つためには、何度も何度も読むことです。
本日から、問題集を1冊買い、文章を読むことを勧めます。

でも、行きたい大学がないのなら難しいかもしれません。
それなら行きたい大学を決めてからにするべきです。

誰しも勉強はしたくないし、不得意科目はあります。
違ってくるのは、そこで努力をして目標を達成するのか、とりあえずがんばるかの違いです。

行きたい大学と、いける大学は違います。

あなたが決める将来です。
あなたが決めて、あなたが取り組み方を決めるべきと思います。

赤本の文章で訓練

MARCHの大学行きたいんですけど、時間もないので、参考書じゃなくて赤本の文章で訓練しようと思うんですが、難しく感じたりするでしょうか?
自分は現代文苦手ですが、時間がないので、過去問の文章で読みたいと思ってます。

過去問の文章でと言われても、あなたのレベルが合格ライン部分であればよいと思いますが、全く合格ラインに達していないのなら、何度読んでもちょっとチカラの差があるように感じます。
これだけでは何とも言えませんが、何度も読んでお試し下さい。
あと、気になったのが『時間がないから』という言い訳をふんだんに使われていますが、芸能人の方ですか?
ゲーム、携帯を触る時間も、寝る時間もないような受験生の方でしょうか?
時間がないという方に限って、言い訳が多いと私は個人的に考えています。
受験生で時間が余っている人の方が少ないと思います。
あまり言い訳ばかりではなく、必死に取り組んでみるのがいいと思いますよ。

現代文が安定して50を超えるようになりました

初めまして。早速決意の紙書きました。
自分も以前は偏差値40前後さまよっていて、最近やっと、現代文が安定して50を超えるようになりました。

質問ですが、自分は私大を目指していて、サイト主さんの勉強法でいいのかな?と少し不安になっています。
というのも、自分はどちらかと言うとセンターではなく、一般での大学合格を目指していて、記述形式の問題でもこの方法で対応出来るのか心配です。

すいません。他の質問に自分と似たような質問を見つけました。
記述でもマークでも関係ないですね。理解出来るまでしっかり音読をしていきます。
勉強法、参考になりました。ありがとうございます。

さとし様ありがとうございます。
効果が出ている感想をいただき、本当に嬉しいです。

このサイトを見ている仲間の不安を少しでも解消できると嬉しいです。

決意の用紙を書くことが早い!
→効果が早い!かも知れませんね。

素直に受け入れ、自分を変えていくことができるのは素晴らしいことだと思います。

進化論を書いたダーウィン。
『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である』

がんばって下さい!!

この時期からでも偏差値は伸びますか?

法政大学のスポーツ健康学部志望の受験生なのですが、現代文がもの凄く苦手です
565などやってるのですが、それ以前に問題を理解して読めてないってのを、このサイトを見て気づきました。
そこでこのサイトのやり方通りに、今持ってる標準問題集を読みまくろうかと思ってるのですが、この時期からでもこの勉強法で偏差値は伸びますでしょうか??
一週間に同じ問題を毎日読んで行くんでしょうか?
それとも一週間に何個ずつ問題を読んだらいいか(どれくらい時間をかけるか)など、ペース?も教えて下さい

まず最初に、
≫この時期からでもこの勉強法で偏差値は伸びますでしょうか??
それは答えられません。
あなたが本気でやるのか?どの程度真剣かわかりません。
誰でも可能性はあります。
真剣に取り組めば・・・というレベルです。

私だって受験生の頃に「本当かな」と思い、始めました。それ以外に勉強法があるのなら、あなたが勉強法を選択して真剣に取り組むべきです。人に責任を押しつけるのは逃げとしか思えません。

1日10回問題文を読んで下さい。
もし不安なら20回を読んで下さい。
同じ問題文をです。
そして、1週間同じ文章を 70回ないし140回読み、理解して次の文章へ移動していきましょう。

あなたが本気なら1日に同じ文章を20回読むことなど簡単なはずです。8時間もかかる勉強法ではありません。

本気で、法政大学のスポーツ健康学部に行きたいのならできることだと思っております。
できないのなら、そんなに本気で行きたいわけではないという自分からの答えですよ。

がんばって下さい。
みんな苦しいのは同じです。
そこをクリアして、励む人間が勝ちます。

選択肢で迷ってしまって

国語の現代文の選択肢が5つぐらいある中で答えを1つ選ぶ問題でどうしても選択肢で迷ってしまって。
この勉強法でそういう選択肢の迷いもなくなりますか?

「あなたの好きな食べ物は?」
1、みかん
2、バナナ
3、りんご

これは迷いますよね?
全部好きかも知れないです。
しかし、「あなたの誕生日は何月ですか?」
には迷いません。

国語の問題も同じです。
あいまいな問題は稀です。
しっかりと長文の意味さえわかっていれば解くことができる問題なのです。

逆に、みかんも好きだし、りんごも好き・・・
という問題を出題したら、大学側としておかしな問題に発展します。

長文がわかっていれば答えられる問題になっています。
それを意識して、音読を始めてみてはいかがでしょうか?

これ以外にいい方法はありますか?

あと一ヶ月の場合、これ以外にいい方法はありますか?

質問ありがとうございます。

あなただけに素晴らしい方法を教えます!
実は・・・

なんていう方法があったら、あなたは実践しますか?
あなただけに教える未公開株のいい情報、あなただけに教える一気に10キロ痩せるダイエット法などの
すべての方法があやしいものではないですか?

一気に何かができる方法があれば、私の勉強法のようなコツコツやらないといけない方法をわざわざホームページで公開なんてしません。
これをやれば、一気に偏差値が上がると言って、一口50万円で売って大金持ちの仲間入りをしています。

何も知りません。
これ以外にいい方法を実践していません。
申し訳ないですが、別のサイトの方法をお試しください。

嘘は言いたくないので、私は実践して偏差値を上げた事実を書いているだけです。
1カ月必死で問題文を音読を続けても良いと思います。
上がるか上がらないか、必死で続けるか続けないかは、本気で大学へ行きたいかどうかに決まってきます。
がんばってください。

行きたい大学が決まっている

はじめまして、このサイトに出会えて本当にうれしく思っています。
今日から、実行していきたいです。
どのくらいで、成果が出ましたか?
私は、いま高1で、来年1年留学します。
行きたい大学が決まっていて、さっきまで、現代文を効率が悪い勉強法で頑張ってやっていました。
前の、模擬の結果を見て、あせっています。
国語が、以上に悪く、面談の時に言われたぐらいわるかったです、、、

来年1年留学されるって素晴らしい経験をされるということですね。
とてもいいことだと思います。すごいです!!
大賛成です。
頑張ってください。

さて、どれぐらいで成果が出たか?
6月から正式に初めて12月には出ていたと思います。
ただ、土曜・日曜はちょっと朝起きるのが遅いだけで、ずっと受験勉強をしておりました。
毎日どれだけ勉強するかがポイントなので、毎日1時間で半年後に結果がでるかどうかは何とも言えません。
ただ、あなたは高校1年生。
十分な時間があります。
ゆっくりとでいいので、国語って楽しいね。
文章を読むことっていいことだという良い方向に進めば、楽しくなり、自動的に成績も上がっていくと思います。

不安になった時の対処法

夏が過ぎ、どんどん不安な気持ちがでてきました。
先生は不安になることはなかったですか?
私は浪人をするのは嫌だし、どうにかどこかの大学に合格したいと思っています。
不安になった時の対処法を教えて下さい。

夏が終りに近づき、もう少しで受験本番に向けてのそれぞれの気持ちに変化が出てくる季節ですね。
はっきり言いますが、推薦で入る人以外に、この時期にほとんどの人が不安になっています。
これは間違いないです。
みんなが不安に思っているから、あなたが不安になってもしょうがないと思います。
でも、解消法は唱えることぐらいしかありません。

志望校へ合格すると毎日用紙を読み続けていますか?
自分が志望校へ行くイメージをしっかりと描けていますか?

私は正直、センターに行く時『絶対受かる!』と信じていました。何度も飽きるほど自分に読み聞かせていました。絶対に合格するとイメージできていました。

不安は誰でもあります。
私は、そんなときは現代文の文章をまた読んでいました。不安を忘れるために文章に集中していました。
不安を忘れるためには、不安を消すために不安な部分の対処をしていました。

その不安材料が解消され始めると、どんどん気合も入って、不安を消し去っていくものです。

不安になって何もできないのが最も意味のないことです。もし、現代文に戸惑っていたら、現代文の文章を読みましょう。
このサイトへ来ている人がみんな不安でみんなが読んでいますよ。