現代文って?一番最初に学ぶこと

勉強法について解説を始めますね。

さあ、深呼吸~
スー、ハ~
って。

じゃあ、ゆっくりと説明しますね。

問題集を1冊準備します。

この問題集についてですが、『何でも良い』と勉強法のページに書きました。

ウソではありません。

現代文勉強法初心者のアナタがどんな文章について、アレルギーを持っているのかどうかは知りませんが、何でも良いですよ。

まずは、試験に出題されるような文章が目の前にあればOKです。

『でもさ、問題集にも、超基礎編や応用編もあるよね?』

『早慶狙い、難関国公立編とか、いろいろあるよね?』

『どれがいいの?』

なんて問い合わせを受けたこともあります。

では、回答しますね。

問題集の難易度はどのレベル?

私は、最初に購入した問題集は基礎レベルの問題集でした。

その問題集をなんの疑いもなく、10回繰り返し読みました。

ただ、難関国公立編の問題集を買って、1ページ目を開いた文章が、そこまで複雑な文章が書かれているかと言えば疑問です。

そこまで文章で『複雑、難解』ってものはないと思います。

試験として、難しくするには文章よりも設問を難しくした方が良いからです。

ここまで書いて思うのですが、私のホームページで書かれている

『文章』『問題文』というのは
⇒試験の評論文や小説など、理解しないといけない、長文のことを言います。
いわゆる、『次の文章を読み、以下の設問に答えよ』の文章のこと。
私のホームページで『設問』と言っているのは、
いわゆる、
設問1、以下の感じを答えよ

設問2 筆者のもっとも伝えたい言葉とは違っている内容はそれか?ア~エのうち、1つを選べ

などのような問題については『設問』と書いています。

混同しないように注意して下さいね。
大丈夫ですね。

もしかしたら、ここで『そういうことね、やっとわかった!』という方もいるかもしれません。

この前、このホームページの中の『みんなからの質問と答え』へのメールで

『試験の問題
傍線部A「○○○○」とあるが、それはそういうことか。その説明としてもっとも適切なものを次の①~⑤の中からら1つ選べ。
を10回読んでから回答すれば良いですか?』

という質問が来たので、『違います、読むのは文章です』と書きました。

私が何度も何度も読んでいただきたいと言っているのは
出題された評論文などの文章
のことです。

ここ、良いですよね。

スポンサードリンク

文章を読みながらやることはあるか?

アナタは基礎編~ちょい応用編の問題集を1冊買い、目の前に準備しました。

その評論文を読みます。
1日10回読みます。

設問には答えることなく、ただ評論文を10回読んで下さい。

さあ、出たでた!

私の勉強法を疑っている方は言うと思います。

『評論文を10回読むっていうけどさ、ただ読むの?』

『何か文章のキーワードに印をつけた方がいいの?』

『接続詞に〇をつけろって、参考書に載っていたよ』

なんて言うと思います。
答えますか!!
『好きにして』
です。

あなたの問題集です。
どう書こうとアナタの自由です。

ただ、言わせていただくと、書くことはちょっと控えて、ただ読む方がいいと思います。

書くことも大切ですね。

ただ、今は練習の時、だから、何も書かずにただ読むことをしましょう。

読む練習を始めたばかりです。

実際に『現代文の文章に印を書く』という行為は、試験へのテクニック色が強くなります。

また、書くことで心理的に

『おれ、やっているよ!』
という無意味な自信がつくので、あまり薦めません。

書くことは『試験テクニック』『無意味なやっている雰囲気』があるので、最初のころは薦めません。

書くことも大切かもしれません。

ただ、ここではやらずに。

今から私立にしぼる

自分は現代文の成績が綺麗なほどずっと49か50です。
今、高校2年生で、一応国立を狙ってるんですが、ぶっちゃけ英語と数学はいつも65くらい行き、この調子でいこうと思えるのですが国立を狙うとなると、やっぱり国語が着いてきてどーしても足を引っ張ってしまいます。
国立の他に自分が狙ってる私立があってそこは
数学と英語だけで良いのですが、
今から私立にしぼるのは、早すぎますか??
後、毎日どのくらい現代文をやればいいか教えてほしいです。

数学・英語が得意で非常にすばらしいですね。
残りは現代文。
では、毎日繰り返し文章を10回読みましょう。
毎日続けて下さい。

あなたは他の教科ではコツをつかみ、どうすると偏差値65を取ることができるかを知っています。
コツさえつかめばきっと現代文も60を超えるでしょう。

現代文を学ぶというか、コツをつかむように何度も気をつけながら続けて下さい。

勉強法①

国語の偏差値を37から65にアップした勉強法を説明します。

現代文について、今まで
①大学受験国語現代文の前に
②国語を考える
③高校の先生に言われて試した現代文勉強法

以上のページでいろいろな角度で考えてきました。

受験勉強ばかりではなく、少し別の角度から受験科目というものを観察でき、息抜きが出来ましたか?
でも、非常に大切なことを伝えたつもりです。

サブロー

私の経験がすべて詰まっているからね!!

それでは本題に入ります。

現代文勉強法をこれから書いていきます。

さて、現代文勉強法へ入りますよ

この現代文勉強法は、私の国語の偏差値をアップさせて
「国公立大学合格への道」
を実現してくれた勉強法です。

サブロー

最初は私自身が驚きました!!

国語が苦手だった私、
現代文がまったく理解できなかった私が、
なんとセンター試験で160点を取得できた方法です。

うそ偽りはないので是非試してみてください!!

では、説明していきましょう。

まず、国語の現代文の試験とは何かを思い出してみてください。

何を問われているのか?

あなたは答えられるようになっていますか?
今までのホームページの中にすべて書かれています。

文章を理解してきましたか?

『現代文とはどんな教科か? 何を問われているのか?』
を、実際に理解しただけでも、国語の偏差値はアップします。

現代文という教科を改めて知ると・・・

国語の現代文の試験の肝心な部分は
「与えられた時間に問題文の内容を理解すること」
です!

これ以上でもこれ以下でもありません。

評論文、小説など関係なく、どちらでも文章の中身を理解しているのかどうか?
がポイントです。

サブロー

あなたはわかっていますよね?


問題文の読解ができるかできないかで偏差値が変わります。
現代文はそこだけです。

天使

実は単純なの

では、文章を理解できるようにすればいいのです。
でしょ?
(簡単に言いすぎですか?)

そこが国語の試験で問われているところです。

スポンサードリンク

私の伝える勉強法は何ができるのか?

私の勉強法では文章を理解することができるようになります。
というか、私は理解できるようになりました。

手順です。

問題集を1冊準備してください。
ここが第一歩!

どんな問題集でも良いです。
どこの出版社が出しているなんて特定しません。

現代文の問題集を準備してください。

参考書ではなく、問題集です。

できれば、センター試験の過去問や志望校の赤本は避けてください。
これは本番前に最終調整で使用するのでまだ保管してください。

では問題集は準備できましたか?

たぶん1つ目の文章を見ると、小説ではなく、評論文が最初に出てくるはずです。

評論文が2ページぐらい書かれていますね。
評論文でOK。

その評論文を読んでください。
(え?それだけ)

そうです、それだけです。
(??????????)

私自身の代償

ではでは、実際に私自身が何を差し出したか?

私が、現代文を克服するために地球に何を差し出したか?を説明しますね。

志望校合格のために何を差し出したかを書きましょう。

サブロー

私が何を差し出したか?
聞きたいでしょ!!

国語の偏差値をアップさせ、志望校に合格した。
しかも、その勉強法をホームページにまで公開している人の代償(差し出したもの)!

断っておきますが、あなたと変わりのない、どこにでもいる受験生でした。
そこまでの期待は禁物です。

ふつうの高校生の差し出せるものなんて限られています。

あなたと変わらずに、昼まで寝て、のんびり暮らしたいと思っている高校生でした。

では、私が1年間差し出したもの・・・・・。

スポンサードリンク

私の差し出したものは一体、なにか?

彼女必要なし。
友人と遊ぶ時間なし。
テレビは平日なし。
服を買いに行くことも大好きだったのですが、やめました。
睡眠時間は4時間

以上です。

いかがですか?
普通の受験生と同じでしょ?

でも、これぐらいはしないとライバルたちに負けるかなと思い、差し出しました。

サブロー

私の受験生活!!
彼女必要なし。
友人と遊ぶ時間なし。
テレビは平日なし。
服を買いに行くことも大好きだったのですが、やめました。
睡眠時間は4時間
以上
どうです?

志望校として掲げていた国公立大学に4月の模試で「E」判定でしたから、ここまでしないといけないと思ったからです。

そして、現代文を克服して志望校に合格したかったからです。
その願いが、私を動かしました。

でも、期間限定です。

サブロー

期間限定ってところが最も重要です!!

彼女なんて、人生で1年間いなくても死にません、大学へ行って彼女をつくればいいだけ!!

友人と遊ぶのを止めたと言っても1年間だけですからね。

テレビなんて見なくてもいいですよね。

死にません。

その年に有名になった一発屋や、面白いドラマなんてDVDやyoutubeで取り戻せます。

期間限定だから、1年間だけだから、簡単に差し出すことはできるのです。

さあ、あなたの予想とはどうでしたか?

あなたも何かを差し出す準備をしてください。

絶対に決めてくださいね。

意外に差し出すと『犠牲を払ったのだから絶対にやってやる』と再確認できるものです。

さあ、何かを交換条件に出してみてください。

まとめ

私の差し出したもの
彼女必要なし。
友人と遊ぶ時間なし。
テレビは平日なし。
服を買いに行くことも大好きだったのですが、やめました。
睡眠時間は4時間
以上
これを差し出して、センター試験 国語160点を獲得しました!
差し出すものって結構、簡単でしょ。

これは約束して下さい!

現代文の勉強法をマスターして、国語の偏差値をアップさせるために最初の一歩に進む前にこのホームページについて注意点を申し上げます。

これだけは約束して下さい!

しっかりと注意点を読んでからお進み下さい!!

私はこのホームページにセンター試験で160点を取得、志望していた国公立大学へ合格した経験をウソ偽りなく書いています。

現代文が嫌いで、不得意科目だった頃から、勉強法を実践し、最後には国語が大好きになり、得意科目になった経験を書いています。

これは事実です。

ウソなんて書いて、ホームページを公開しても何も得はありません。

まず第一点、大切なところです。

サブロー

ここに書かれていることはすべて事実だよ。
僕の経験した失敗や、成功の秘訣もいっぱい書いてあるよ!

スポンサードリンク

ホームページの構成について

このホームページは、
①ホームページの文章
②合格までのブログ
③ホームページを公開し始めてからみんなから届いた質問と答え

の3つの構成でつくられています。

②、③はおまけみたいなものですから、放っておいても良いのですが、ホームページ内の文章には、私の想いをすべて書きました。

『現代文の勉強法の前に』
『国語という教科を考える』
『他の勉強法』
『私が伝える現代文勉強法』

と4つのカテゴリーになっていますが、順番に進んで下さい。

これが注意点です。

長いかもしれませんが、1週間かかるような長文ではありません。
書いた内容は私が経験して、本当に伝えたい部分だけを書いています。

勉強法だけを読んで…では、必ず挫折してしまいます。

本気で現代文を克服する気がある、真剣な方であれば私の気持ちは伝わるはずです。

よろしくお願いします。

ホームページを続けていく中で、悪口も頂いています!?

ホームページを公開し、「質問と答え」という質問コーナーを設けて、もっと理解が深まれば良いかと思い、質問を受けていることがありました。

みなさんからの質問を受け、いろいろな言葉をいただきました。

中には全く文章を読まずに、内容を理解していない質問や、考えられないような悪口もいただきました。
(勉強法を公開しなければよかった・・・と、凹んだ時もありました(+_+)・・・)

しかし、そんなものは一切気にしないことにしました。

その理由は・・・

あの頃の偏差値が低い私のような方が1人でも現代文の成績がアップできるように。
ひとりでも、現代文の成績を良くして、志望校に合格してほしい!

と、想い続けてです。

色々な意見は無視して、さあがんばりましょう。

まとめ

このホームページは
『現代文の勉強法の前に』
『国語という教科を考える』
『他の勉強法』
『私が伝える現代文勉強法』

と4つのカテゴリーから成っています。

どれも捨てる部分のない、すべて伝えたい内容です。
長いですが、読んで下さい。

勉強法のページだけ読んでも、成績は上がらないと思います。
また、このホームページに書かれていることはすべて実体験であり、ウソ偽りはありませんよ!!