今のところ部活が忙しく、他教科の学習もある

私は現在高校2年生です
今のところ部活が忙しく、他教科の学習もあるため、1日5回程しか音読が出来ていません
しっかり学習を始める前、後には決意の紙を音読しています

このような場合、時間はかかったとして現代文の力は付くでしょうか?

質問をいただきありがとうございます。
さて、5回書いてありますが、あなたの現代文への気持ちはどうなんでしょうか?
現代文のチカラがつくかどうか、質問されていますが、質問をしているということは
実は、あなたは答えは知っているのではないですか?

現代文の試験でもそうですが、文章が省略されている部分があります。

>>このような場合、時間はかかったとして現代文の力は付くでしょうか?
とありますが

私は時間がなく、現代文を5回しか読めません。
だって、部活や他の勉強で忙しいからしょうがないじゃない。
しかし、読んでいるのだから、現代文の成績は上がりますよね?
あなたの書いている方法に従い、文章は読んでいるのだから、成績はあがりますよね?
5回でいいですよね?

と書いてるように私には見えます。

あなたは本気で決意し、志望校へ合格したいと考えているはずです。
そのために決意の文を読んでいるはず。

それなら、部活が忙しくても現代文の成績を上げるためなら1日7回以上は読むことが当然であると考えないですか?
成績が上がるかどうかは、あなたの本気度で決まると考えてはいかがでしょうか?

私のせいにされても、困ってしまいます。

私は何もできません。

私の成績の上がった方法を紹介しているただの先輩です。
本気で受験へ取り組んでみると良いと思いますよ。

がんばってください。

現代文の土台というものが私にはわかりません。

高3になり、受験に対して意識し始めなくてはならない時期になりました。

私は現代文という科目が本当にわかりません。
色々な参考書に手を出し、途中で投げ出しました。
理由は全く成績が上がらないからです。
古文、漢文は暗記(単語、句形など)から入るという土台から作り上げることができますが、現代文の土台というものが私にはわかりません。
また現代文が出来ないからか、模試で先入観みたいなものが入り、またどうせ出来ないだろうと、そう考えている自分がいます。

こんな私の現代文の状態はどうすれば改善されていくのか是非とも教えて頂けたら幸いです。

あなたは現代文を克服したいという気持ちがあります。(良いことです)
あなたは現代文へ苦手意識を持っています。(楽しくない~)
どうしたら良いか?
もしかしたら、一気に改善することを望んでいませんか?

>色々な参考書に手を出し、途中で投げ出しました。
すぐにできるなんて甘い教科ではありません。

始めるなら、結果は後からついてくると気持ちをゆっくりにして取り組むしかないと思いますよ!

私だって、偏差値38から始めて、半年以上はかかっています。
現代文の文章を毎日10回読む。ただそれだけですが、繰り返し続けることで、自分の中の変化を感じました。

あなたも変化を感じるには1カ月では無理でしょう。
疑いながら、途中で投げ出すかもしれません。

でも、合格したいのなら続けることです。

受験は、
合格するには、
続けることが最も難しいことなのです。

それができた人が3月に笑っていると思います。

続けることは難しい、でも、続けるってしんどいことではないのです。
毎日繰り返すだけです。

あなたの改善策になってはないと思いますが、それだけだと思います。
がんばってください。

赤本の文章で訓練

MARCHの大学行きたいんですけど、時間もないので、参考書じゃなくて赤本の文章で訓練しようと思うんですが、難しく感じたりするでしょうか?
自分は現代文苦手ですが、時間がないので、過去問の文章で読みたいと思ってます。

過去問の文章でと言われても、あなたのレベルが合格ライン部分であればよいと思いますが、全く合格ラインに達していないのなら、何度読んでもちょっとチカラの差があるように感じます。
これだけでは何とも言えませんが、何度も読んでお試し下さい。
あと、気になったのが『時間がないから』という言い訳をふんだんに使われていますが、芸能人の方ですか?
ゲーム、携帯を触る時間も、寝る時間もないような受験生の方でしょうか?
時間がないという方に限って、言い訳が多いと私は個人的に考えています。
受験生で時間が余っている人の方が少ないと思います。
あまり言い訳ばかりではなく、必死に取り組んでみるのがいいと思いますよ。

最近になって急に焦って・・・

今高校二年生なのですがあと三年生まであと三ヶ月もありません、最近になって急に焦ってきました。
焦っても空回りするとゆうのはよく言われていますが、分かっていても焦ってしまします。
一年生からの質問で、英文一日三回読んで日本史は五回読んでなどとアドバイスをされていますが、私は今からでも間に合いますか?
それとも一年生と同じ勉強法はしない方がいいですか?

高校1年生とは受験に向かう姿勢はちょっと違うと思いますが、だからと言って、他に方法があるのでしょうか?
特にこれと言ってないのなら、今考えている方法を試す方が良いと思います。

あなたは今日から、英文を毎日3回。日本史の教科書を3ページを毎日5回。現代文の文章を毎日10回読む方法を始めてみてはいかがでしょうか?
もちろんこれは提案です。
あなたの意志でやってみて下さい。

あと、焦る気持ちですが、あなただけではないです。
これは120%本当のことです。
あなたのクラスメイト、隣の高校の同級生、全国の同級生が焦ってきています。

しかし、焦ることを止めるにはどうするか?
少しでも焦りを喰いとめるには、『私は受験勉強をしているから大丈夫』とあなた自身へ思わせるしかありません。

今、焦っているということは、あなた自身が考えている勉強の100%ができてないからではないですか?
あなた自身が『私、やっている!』と思えてこそ、自信がみなぎり、少し焦りが落ち着くんだと思います。

あとは、『私はこんなに勉強している!絶対に合格できる!』と毎日10回声に出してあなた自身にいい聞かせることでしょう。

がんばれ~

現代文が安定して50を超えるようになりました

初めまして。早速決意の紙書きました。
自分も以前は偏差値40前後さまよっていて、最近やっと、現代文が安定して50を超えるようになりました。

質問ですが、自分は私大を目指していて、サイト主さんの勉強法でいいのかな?と少し不安になっています。
というのも、自分はどちらかと言うとセンターではなく、一般での大学合格を目指していて、記述形式の問題でもこの方法で対応出来るのか心配です。

すいません。他の質問に自分と似たような質問を見つけました。
記述でもマークでも関係ないですね。理解出来るまでしっかり音読をしていきます。
勉強法、参考になりました。ありがとうございます。

さとし様ありがとうございます。
効果が出ている感想をいただき、本当に嬉しいです。

このサイトを見ている仲間の不安を少しでも解消できると嬉しいです。

決意の用紙を書くことが早い!
→効果が早い!かも知れませんね。

素直に受け入れ、自分を変えていくことができるのは素晴らしいことだと思います。

進化論を書いたダーウィン。
『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である』

がんばって下さい!!

不安になった時の対処法

夏が過ぎ、どんどん不安な気持ちがでてきました。
先生は不安になることはなかったですか?
私は浪人をするのは嫌だし、どうにかどこかの大学に合格したいと思っています。
不安になった時の対処法を教えて下さい。

夏が終りに近づき、もう少しで受験本番に向けてのそれぞれの気持ちに変化が出てくる季節ですね。
はっきり言いますが、推薦で入る人以外に、この時期にほとんどの人が不安になっています。
これは間違いないです。
みんなが不安に思っているから、あなたが不安になってもしょうがないと思います。
でも、解消法は唱えることぐらいしかありません。

志望校へ合格すると毎日用紙を読み続けていますか?
自分が志望校へ行くイメージをしっかりと描けていますか?

私は正直、センターに行く時『絶対受かる!』と信じていました。何度も飽きるほど自分に読み聞かせていました。絶対に合格するとイメージできていました。

不安は誰でもあります。
私は、そんなときは現代文の文章をまた読んでいました。不安を忘れるために文章に集中していました。
不安を忘れるためには、不安を消すために不安な部分の対処をしていました。

その不安材料が解消され始めると、どんどん気合も入って、不安を消し去っていくものです。

不安になって何もできないのが最も意味のないことです。もし、現代文に戸惑っていたら、現代文の文章を読みましょう。
このサイトへ来ている人がみんな不安でみんなが読んでいますよ。

入試まで後3ヶ月しかなくて今の僕の偏差値は40ぐらいしかありません。

偏差値55の大学に行きたいのですが
入試まで後3ヶ月しかなくて今の僕の偏差値は40ぐらいしかありません。

この勉強方法がすばらしいと思ったので試そうと思うのですが3ヶ月しかないので焦りしか出てこないのです。

なので他になにかやったほうがいい事はあるのでしょうか?
それともこの勉強方法だけで大丈夫なのでしょうか?

残り3ヶ月ということのなので、期間が決まっていますね。
大変な時です。

厳しいことを言うかもしれませんが、『他になにかやったほうがいい事はあるのでしょうか?』とはどういう意味でしょうか?
質問の意図が不明です。

『他に何をやれば、甲子園で優勝するほどのピッチャーの玉が打てるでしょうか?』

という質問をされているようなものです。
私が、『他に現代文を毎日100回読んで、1日の睡眠時間を4時間にして、毎日数学の問題集の全問をすべて解いて・・・』
と言ったらできますか?
できないはずです。

みんな不安を抱えて取り組んでいます。

始めるのには、誰の声も関係ありません。
あなたが『やるべき』と思えば、やるべきです。

あなたの合格したい大学を決めて、紙に書いて毎朝『○○大学に合格する』『国語の偏差値を55にする!』と書いて、読んでいますか?
そこからしっかりと始めるしかありません。

絶対に受かりたいのなら、テレビも何もかも捨てて、受験に向かうはずです。とりあえず、目標を紙に書き、差し出すものを決めてから、始めて下さい。
私の勉強法は、現代文を何度も読むというだけではありません。
決意をしっかりとすることから勉強法です。

そこから始めて下さい。

残り3ヶ月です。
何をしても時間だけは変わりません。
自信を持つ練習をスタートして、ゆっくりと偏差値を上げるしか方法はありません。

他の勉強法があれば、その方法でも良いと思います。
何かでゆっくりと時間をかけて、自信を育まないと受験に勝つことは困難となります。

さあ、ペンと紙を持って、1時間後には、現代文を読み始めて下さい。
何を言われても、何度も読み、続けて下さい。

がんばって下さい。

偏差値65にするまでにどのくらいの時間がかかりましたか?

ただいま高校1年でこのやり方で現代文を勉強しています。
それでききたいことなんですが、このやり方で偏差値65にするまでにどのくらいの時間がかかりましたか?

質問ありがとうございます。
さて、時間ですが本当に最後の模試で『来た!』と実感したぐらいです。
6月に正式から始めて、センター前の12月ぐらいであったと思います。
遅いのかもしれませんね。
でも、毎日現代文を10回読むことと、毎日朝晩に『○○大学へ合格できる!』と自分に読み聞かせていたので、センターの時には何の不安もなかったです。
高校1年生の方なら、受験の時には間違いなく大丈夫ですね。
あとは、自分におまじないとかける意味で、『受かる』と言い聞かせるといいと思います。

問題集が基本・標準と段階がある場合はどの問題集を使ったらいいですか?

国語の勉強法を探しているところ、このサイトを見つけました。
さて、現代文の勉強法で問題集を一冊とおっしゃいましたが、基本・標準と段階がある場合はどの問題集を使ったらいいですか?
また、センター試験まで50日を切りましたが、今から始めてまだ間に合いますか。

あなたの偏差値はいくつですか?
もう何もわからない状態です!という以前の私のような方でしたら、基本編を購入し、標準に移行された方が良いと思われます。
しかし、基本編を何度も読んでいけば、現代文を理解できる感動が来るはずです。
それからは、現代文が好きになって、得意科目になるはずですね。

なんでも基本がもっとも大切です。
基本だから、買っても成績が上がらないか、応用編を解いたら成績が上がるのか?
そんな法則は存在しません。

ドラクエ(古い・・・)のパート1とドラクエの新シリーズとやっていることは何も変わりません。
ただ、テーマや見た目が変わっているだけです。
そしてちょっと複雑になっているだけ。
基本を大切にして、解いていく方法が良いと思われます。

あとの質問は、私には答えようがありません。
50日を切っても、毎日20回読んでいる人は、現代文を1,000回読んで成績が上がるかもしれません。
50日あっても、1日おきに5回読んでいる人は、たぶんやる気のない人でしょう。

本サイトの方に、目標設定やそのために何を差し出すかの部分を書きました。
あなたが必ず合格をしたいのなら、何も関係なく、死に物狂いで取り組むべきです。

結果は後からついてきます。

高校1年である私は普段から、毎日10回読んだら、成績が上がりますか?

出口の超基礎編を何回も使い続けた方がを買ったんですが、全部の項目を10回読んだら、基礎編を買った方がよいのですか?
このサイトは受験向けのサイトですが高校1年である私は普段から、毎日10回読んだら、成績が上がりますか?
是非、教えてください?

あなたは、目標はなんですか?
偏差値を70にすることですか?

目標の大学に合格することのはずです。
それをまず理解して下さい。

合格したい大学の目標設定をおこなってください。
それから、現代文がネックであれば、10回問題集を読んでください。
出口の超基礎編でも、問題集は何でも良いです。
とくに指定はしません。

高校1年生の方なら、現代文を1日10回読み、日本史の教科書を1日5回読み、数学の問題集を1日に3問解き、英語の長文を10回読み、英文法の参考書を1日5回読めば、何も恐がることはないでしょうね。
私は、浪人している頃に、
『この繰り返し法を高校1年生の頃からやっておけばよかった』
と思いました。

あなたはチャンスがあります。
ぜひ、始めてください。