現代文って?一番最初に学ぶこと

勉強法について解説を始めますね。

さあ、深呼吸~
スー、ハ~
って。

じゃあ、ゆっくりと説明しますね。

問題集を1冊準備します。

この問題集についてですが、『何でも良い』と勉強法のページに書きました。

ウソではありません。

現代文勉強法初心者のアナタがどんな文章について、アレルギーを持っているのかどうかは知りませんが、何でも良いですよ。

まずは、試験に出題されるような文章が目の前にあればOKです。

『でもさ、問題集にも、超基礎編や応用編もあるよね?』

『早慶狙い、難関国公立編とか、いろいろあるよね?』

『どれがいいの?』

なんて問い合わせを受けたこともあります。

では、回答しますね。

問題集の難易度はどのレベル?

私は、最初に購入した問題集は基礎レベルの問題集でした。

その問題集をなんの疑いもなく、10回繰り返し読みました。

ただ、難関国公立編の問題集を買って、1ページ目を開いた文章が、そこまで複雑な文章が書かれているかと言えば疑問です。

そこまで文章で『複雑、難解』ってものはないと思います。

試験として、難しくするには文章よりも設問を難しくした方が良いからです。

ここまで書いて思うのですが、私のホームページで書かれている

『文章』『問題文』というのは
⇒試験の評論文や小説など、理解しないといけない、長文のことを言います。
いわゆる、『次の文章を読み、以下の設問に答えよ』の文章のこと。
私のホームページで『設問』と言っているのは、
いわゆる、
設問1、以下の感じを答えよ

設問2 筆者のもっとも伝えたい言葉とは違っている内容はそれか?ア~エのうち、1つを選べ

などのような問題については『設問』と書いています。

混同しないように注意して下さいね。
大丈夫ですね。

もしかしたら、ここで『そういうことね、やっとわかった!』という方もいるかもしれません。

この前、このホームページの中の『みんなからの質問と答え』へのメールで

『試験の問題
傍線部A「○○○○」とあるが、それはそういうことか。その説明としてもっとも適切なものを次の①~⑤の中からら1つ選べ。
を10回読んでから回答すれば良いですか?』

という質問が来たので、『違います、読むのは文章です』と書きました。

私が何度も何度も読んでいただきたいと言っているのは
出題された評論文などの文章
のことです。

ここ、良いですよね。

スポンサードリンク

文章を読みながらやることはあるか?

アナタは基礎編~ちょい応用編の問題集を1冊買い、目の前に準備しました。

その評論文を読みます。
1日10回読みます。

設問には答えることなく、ただ評論文を10回読んで下さい。

さあ、出たでた!

私の勉強法を疑っている方は言うと思います。

『評論文を10回読むっていうけどさ、ただ読むの?』

『何か文章のキーワードに印をつけた方がいいの?』

『接続詞に〇をつけろって、参考書に載っていたよ』

なんて言うと思います。
答えますか!!
『好きにして』
です。

あなたの問題集です。
どう書こうとアナタの自由です。

ただ、言わせていただくと、書くことはちょっと控えて、ただ読む方がいいと思います。

書くことも大切ですね。

ただ、今は練習の時、だから、何も書かずにただ読むことをしましょう。

読む練習を始めたばかりです。

実際に『現代文の文章に印を書く』という行為は、試験へのテクニック色が強くなります。

また、書くことで心理的に

『おれ、やっているよ!』
という無意味な自信がつくので、あまり薦めません。

書くことは『試験テクニック』『無意味なやっている雰囲気』があるので、最初のころは薦めません。

書くことも大切かもしれません。

ただ、ここではやらずに。

高3になり、受験に対して意識し始めなくてはならない時期

高3になり、受験に対して意識し始めなくてはならない時期になりました。

私は現代文という科目が本当にわかりません。
色々な参考書に手を出し、途中で投げ出しました。理由は全く成績が上がらないからです。
古文、漢文は暗記(単語、句形など)から入るという土台から作り上げることができますが、現代文の土台というものが私にはわかりません。

また現代文が出来ないからか、模試で先入観みたいなものが入り、またどうせ出来ないだろうと、そう考えている自分がいます。

こんな私の現代文の状態はどうすれば改善されていくのか是非とも教えて頂けたら幸いです。

KKK 様へ

何もあなただけではありません。
受験科目に不得意科目、どうしようもない科目があるのがあなただけではありません。

現代文についてですが、改善していただけるように私の経験したことをホームページ内に書きました。
この程度の文章では伝わらないでしょうか?

あなたが本気になっているかだと思います。
私は、国語をどうにかしないといけないと考えて、「何回も読む」という取り組みを先生に聞き取り組みました。
そして偏差値を上げました。

あなたは何をしましたか?
先入観を持ち、なにもしないで、「やはりまたできなかったか・・・」と思っているだけではないですか?
土台は、文章を理解する力です。
読解力です。

読解力を持つためには、何度も何度も読むことです。
本日から、問題集を1冊買い、文章を読むことを勧めます。

でも、行きたい大学がないのなら難しいかもしれません。
それなら行きたい大学を決めてからにするべきです。

誰しも勉強はしたくないし、不得意科目はあります。
違ってくるのは、そこで努力をして目標を達成するのか、とりあえずがんばるかの違いです。

行きたい大学と、いける大学は違います。

あなたが決める将来です。
あなたが決めて、あなたが取り組み方を決めるべきと思います。

現代文の土台というものが私にはわかりません。

高3になり、受験に対して意識し始めなくてはならない時期になりました。

私は現代文という科目が本当にわかりません。
色々な参考書に手を出し、途中で投げ出しました。
理由は全く成績が上がらないからです。
古文、漢文は暗記(単語、句形など)から入るという土台から作り上げることができますが、現代文の土台というものが私にはわかりません。
また現代文が出来ないからか、模試で先入観みたいなものが入り、またどうせ出来ないだろうと、そう考えている自分がいます。

こんな私の現代文の状態はどうすれば改善されていくのか是非とも教えて頂けたら幸いです。

あなたは現代文を克服したいという気持ちがあります。(良いことです)
あなたは現代文へ苦手意識を持っています。(楽しくない~)
どうしたら良いか?
もしかしたら、一気に改善することを望んでいませんか?

>色々な参考書に手を出し、途中で投げ出しました。
すぐにできるなんて甘い教科ではありません。

始めるなら、結果は後からついてくると気持ちをゆっくりにして取り組むしかないと思いますよ!

私だって、偏差値38から始めて、半年以上はかかっています。
現代文の文章を毎日10回読む。ただそれだけですが、繰り返し続けることで、自分の中の変化を感じました。

あなたも変化を感じるには1カ月では無理でしょう。
疑いながら、途中で投げ出すかもしれません。

でも、合格したいのなら続けることです。

受験は、
合格するには、
続けることが最も難しいことなのです。

それができた人が3月に笑っていると思います。

続けることは難しい、でも、続けるってしんどいことではないのです。
毎日繰り返すだけです。

あなたの改善策になってはないと思いますが、それだけだと思います。
がんばってください。

赤本の文章で訓練

MARCHの大学行きたいんですけど、時間もないので、参考書じゃなくて赤本の文章で訓練しようと思うんですが、難しく感じたりするでしょうか?
自分は現代文苦手ですが、時間がないので、過去問の文章で読みたいと思ってます。

過去問の文章でと言われても、あなたのレベルが合格ライン部分であればよいと思いますが、全く合格ラインに達していないのなら、何度読んでもちょっとチカラの差があるように感じます。
これだけでは何とも言えませんが、何度も読んでお試し下さい。
あと、気になったのが『時間がないから』という言い訳をふんだんに使われていますが、芸能人の方ですか?
ゲーム、携帯を触る時間も、寝る時間もないような受験生の方でしょうか?
時間がないという方に限って、言い訳が多いと私は個人的に考えています。
受験生で時間が余っている人の方が少ないと思います。
あまり言い訳ばかりではなく、必死に取り組んでみるのがいいと思いますよ。

現代文に解き方の公式

本屋に現代文の参考書を見に行くと、現代文解法公式集みたいなものも結構あります。
現代文に解き方の公式みたいなものは実際あるんですか?

その参考書を書かれた方は、現代文の公式を見つけたのかも知れませんね。
ちなみにですが、私は学者ではないためにそこまで難しいことはわかりません。
理解した文章を答えるという作業が現代文の試験で大切なことであり、しっかりと文章を理解しようと言っているただの人です。

公式はあるのでしょうか?
あるのなら、簡単に解けるような気もしますが、数学には公式がありますが、満点を取るのは難しいですね。
ということは公式があるのと簡単に解けるのは別問題であると考えます。

受験勉強とは別の問題ですが、がんばりましょう。
参考書をいろいろと何冊も読むと知識ばかりが増えて大変です。
決めた勉強法をやっていくことを勧めますね。

マーキングしながらよむ

いろいろな問題集や参考書で勉強しましたが国語が出来ませんでした。
本文を何回も読むというだけというのはすごいのでやってみます!
マーキングしながらよむというのを今やっていますが、それは必要ないですか?

何にマーキングをしているのでしょうか?
あなたが何かの意図があり、マーキングしているのでしょうか?
現代文の点数を考えてみて、もし成績が良いと言えないなら間違ったことをしているはずです。
もしくは間違ったところにマーキングをしているはずです。
止めて下さい。

何度も読んで下さい。
何もしない、音読をして下さい。
動くのは目、口、耳、そして脳の中の無意識層です。

何度も繰り返し読んで下さい。

語彙力をつけること

もう一つ質問です。
私は色々な現代文の勉強法について書かれている本を見てきましたが、そのどれにも、まず語彙力をつけること、と書かれています。
この勉強法には語彙力のことについては触れられてなかったと思うのでぜひお聞きしたいです。
語彙力をつけるためには毎日10回本文を読むのとは別に何かやる必要はあるのでしょうか?
それともわざわざ何かやらなくても現代文はできるようになるのでしょうか?

語彙力とは、言葉をいろいろと知るということでしょうか?

英語で考えてみましょう。
英語では語彙力をつけるための英単語帳や英単語を覚えるための参考書が大変多く見られます。

現代文では、問題集とは別に、語彙力単語帳が売っているでしょうか?
あまり見かけません。
そう考えると、私は語彙力はそこまで重要ではないと考えます。

もちろん私は新聞も読まず、読書も苦手な状態で何度も問題文を読む方法でセンター160点でした。
語彙力をつける方法はわかりませんが、国語辞典を覚えることはできません。
語彙力を高める方法があればよいですが、ないと思います。

問題文を何度も読む方法だけで良いと考えます。

英語の長文について

英語の長文について教えて下さい。
なかなか単語が頭に入らず、長文ができません。
どうにかして長文をクリアしたいのですが、英語について何か方法がありますか?

英語の長文は、現代文と同じで、いつどんな文章が来るのかはわかりません。
そのために、たくさん読んでおく必要があります。
しかし、100個の長文を読めばいいということは絶対にありません。

英単語の参考書中にも、その英単語を使った長文や例文が多く書かれた参考書があります。
それを買って、1日に何度も流し読みしてみて下さい。
別に『覚えてやる!』なんて気合を入れなくてもOKです。
それで英単語をマスターしていきましょう。

長文は、長文の参考書を買い、何度も読んで下さい。
同じです。
長文には、キーとなる英単語があり、その部分を見られています。
間違いなく、ポイントとなる英文があり、その文章の意味が理解できているかどうかがキーとなります。
それを見つけるためには何度も読む訓練が必要です。

現代文と同じです。
がんばりましょ。

文法も一章づつと書いてありましたが問題を音読するのですか?

こんにちわ!毎日ほぼ音読頑張ってます!
英語の長文も最近始めました!
あと文法も一章づつと書いてありましたが問題を音読するのですか?
あと伸びずにいる古文も音読してます。
先生は古文どうでしたか?
秘訣教えてください(T_T)
よろしくお願いします。

音読がんばっているみたいで本当に嬉しいです。
この『質問と答え』サイトを見ていただいているみんなのチカラになります。
ありがとうございます。
私だけではない!とみんなが思ってくれるので、こういう声は本当に嬉しいです。

英語の長文も読み始めたということで、何よりです。
英文法は、私は参考書をそのまま1日1章読んでいました。
参考書は、最もわかり易い例文が書かれているはずですから、その例文が最も大切かと思いますが、説明している文章も読むことが大切ですね。
毎日1章では厳しい参考書なら、自分で決めた部分を繰り返し読むことをお勧めします。

古文の勉強ですが、私は英語のように考えていました。
日本語ですが、要は外国語のようなものです。
ですから、古文も文法系の参考書を音読し、問題集を読んでいました。
毎日の積み重ねがとても大切な時期になってきましたね。

少しずつに別けてでも、毎日続けることを意識してがんばって下さい。

はじめに問題を一通り読んでから解くのか設問を読んでから解いたほうが…どちらでしょうか

HP拝見させていただきました。
そこで思ったのですが、現代文の問題を解くときには、はじめに問題を一通り読んでから解くのか設問を読んでから解いたほうが…どちらでしょうか。

これも現代文の参考書を見ていると、さまざまな方法があるかと思います。
しかし、あなたが問題の長文の内容を理解できるなら、順番はどちらでも良いですね。
あまり現代文が得意ではないのでしたら、私のように、設問の文を意識して、問題文を読むときに読みにくいのであれば、まずは問題文でしょう。
そこで問題文を理解して、その後、各設問を読めばいいと思います。

私は、設問を読まずに、問題文を楽しく読んで理解をしてから、設問に取り掛かっていました。