これ以外にいい方法はありますか?

あと一ヶ月の場合、これ以外にいい方法はありますか?

質問ありがとうございます。

あなただけに素晴らしい方法を教えます!
実は・・・

なんていう方法があったら、あなたは実践しますか?
あなただけに教える未公開株のいい情報、あなただけに教える一気に10キロ痩せるダイエット法などの
すべての方法があやしいものではないですか?

一気に何かができる方法があれば、私の勉強法のようなコツコツやらないといけない方法をわざわざホームページで公開なんてしません。
これをやれば、一気に偏差値が上がると言って、一口50万円で売って大金持ちの仲間入りをしています。

何も知りません。
これ以外にいい方法を実践していません。
申し訳ないですが、別のサイトの方法をお試しください。

嘘は言いたくないので、私は実践して偏差値を上げた事実を書いているだけです。
1カ月必死で問題文を音読を続けても良いと思います。
上がるか上がらないか、必死で続けるか続けないかは、本気で大学へ行きたいかどうかに決まってきます。
がんばってください。

行きたい大学が決まっている

はじめまして、このサイトに出会えて本当にうれしく思っています。
今日から、実行していきたいです。
どのくらいで、成果が出ましたか?
私は、いま高1で、来年1年留学します。
行きたい大学が決まっていて、さっきまで、現代文を効率が悪い勉強法で頑張ってやっていました。
前の、模擬の結果を見て、あせっています。
国語が、以上に悪く、面談の時に言われたぐらいわるかったです、、、

来年1年留学されるって素晴らしい経験をされるということですね。
とてもいいことだと思います。すごいです!!
大賛成です。
頑張ってください。

さて、どれぐらいで成果が出たか?
6月から正式に初めて12月には出ていたと思います。
ただ、土曜・日曜はちょっと朝起きるのが遅いだけで、ずっと受験勉強をしておりました。
毎日どれだけ勉強するかがポイントなので、毎日1時間で半年後に結果がでるかどうかは何とも言えません。
ただ、あなたは高校1年生。
十分な時間があります。
ゆっくりとでいいので、国語って楽しいね。
文章を読むことっていいことだという良い方向に進めば、楽しくなり、自動的に成績も上がっていくと思います。

入試まで後3ヶ月しかなくて今の僕の偏差値は40ぐらいしかありません。

偏差値55の大学に行きたいのですが
入試まで後3ヶ月しかなくて今の僕の偏差値は40ぐらいしかありません。

この勉強方法がすばらしいと思ったので試そうと思うのですが3ヶ月しかないので焦りしか出てこないのです。

なので他になにかやったほうがいい事はあるのでしょうか?
それともこの勉強方法だけで大丈夫なのでしょうか?

残り3ヶ月ということのなので、期間が決まっていますね。
大変な時です。

厳しいことを言うかもしれませんが、『他になにかやったほうがいい事はあるのでしょうか?』とはどういう意味でしょうか?
質問の意図が不明です。

『他に何をやれば、甲子園で優勝するほどのピッチャーの玉が打てるでしょうか?』

という質問をされているようなものです。
私が、『他に現代文を毎日100回読んで、1日の睡眠時間を4時間にして、毎日数学の問題集の全問をすべて解いて・・・』
と言ったらできますか?
できないはずです。

みんな不安を抱えて取り組んでいます。

始めるのには、誰の声も関係ありません。
あなたが『やるべき』と思えば、やるべきです。

あなたの合格したい大学を決めて、紙に書いて毎朝『○○大学に合格する』『国語の偏差値を55にする!』と書いて、読んでいますか?
そこからしっかりと始めるしかありません。

絶対に受かりたいのなら、テレビも何もかも捨てて、受験に向かうはずです。とりあえず、目標を紙に書き、差し出すものを決めてから、始めて下さい。
私の勉強法は、現代文を何度も読むというだけではありません。
決意をしっかりとすることから勉強法です。

そこから始めて下さい。

残り3ヶ月です。
何をしても時間だけは変わりません。
自信を持つ練習をスタートして、ゆっくりと偏差値を上げるしか方法はありません。

他の勉強法があれば、その方法でも良いと思います。
何かでゆっくりと時間をかけて、自信を育まないと受験に勝つことは困難となります。

さあ、ペンと紙を持って、1時間後には、現代文を読み始めて下さい。
何を言われても、何度も読み、続けて下さい。

がんばって下さい。

塾について

塾に通っています。
大学受験にはこの勉強法だ!みたいなことは直接聞かされずに、とりあえずテキストの内容を解説を聞いているだけです。
こんな塾は止めた方がいいですか?
家でしっかりとやった方が良いですか?

質問ありがとうございます。
さて、その塾について詳しく知らないために止めた方が良いのか、悪いのかを言及することはできません。
家でしっかりと勉強することは必須です。

塾に行くことを私が薦めるかどうかというと、薦めます。
塾の勉強のことを言っている訳ではありません。

刺激と気分転換です。

塾には多くのライバルたちがいて、仲間がいっぱいいます。
1人で黙々と家で現代文を読むことも大切です。当然大切なことです。
しかし、孤独になりすぎるのは健康に悪すぎます。

なんとなく気分転換と軽く考えて塾に向かい、家で何度も現代文の文章を読み、英文を何度も読んでください。
1人では何もできない、みんなが支えている、みんながいるから楽しいことが起こります。

孤独ではないのです。
受験は孤独な闘いですが、それを越えればみんなで楽しい大学生活が待っています。
ぜひ、塾に通い、みんなを意識しながら勉強をして下さい。

あと四ヶ月で現代文を完璧にマスターすることなんて出来るのでしょうか?

初めまして。こちらのサイト様の勉強法を見て少し自信が付いたように思います。
恥ずかしながら偏差値が40くらいしか無く、それなのに偏差値54の大学を受けようとしています。
文系なので当然現代文の入試があります。
公募推薦で受けようと思っているので、あと四ヶ月ほどしかありません。
あと四ヶ月で現代文を完璧にマスターすることなんて出来るのでしょうか?
それが不安でたまりません。

あなたは何をしていますか?
他の勉強法をつかって、現代文の偏差値を上げる作戦を考えていますか?
ないのなら、これしかありませんね。
とりあえず読み続けて下さい。

目標はしっかりと決めています。
素晴らしいことです。
目標設定ができない人が大半です。
目標を決めたら、それ以外の大学はどうでもいいのです。
向かうしかありませんね。

始めて下さい。
がんばりましょう。

現代文の勉強法を見ましたがわからない 単語や言葉があったときいつ調べればいいのですか?

現代文の勉強法を見ましたがわからない 単語や言葉があったときいつ調べればいいのですか?
文を読んでいるときに 調べていいのですか?
前後の文脈から判断するのですか?
「しかし自分はできません」
どうすればいいか教えてください

現代文の中に、わからない意味の言葉が出現したら、その場で調べて下さい。
それはその文章を読んだ第一回目に調べて、その文章の下に書き込めば解決できますね。
2回目からは、その意味を理解してから読んでいけばよいと思います。

文章を10回読むとのことですが、わからない単語などはいつ調べればよいのでしょうか。

文章を10回読むとのことですが、わからない単語などはいつ調べればよいのでしょうか。
それとも調べないで何十回も読むのでしょうか。
また、現代文以外の教科もよいとのことなので、古文漢文の勉強法についても知りたいです。単語や句形を暗記しても文章の意味がわかりません。
おそらく参考書に載っていない語句で躓いてしまっているのだと思うんですが、この現代文と同じ勉強法でそれは克服できますか?
よろしくお願いします。

わからないままの文章を読むのは良くないです。
調べて下さい。
調べるのは国語辞典を調べれば良いですね。意味をその何度も読む問題集に書き込んでも良いと思います。

古文、漢文も調べて読み続けることです。
辞典を持ち、一度調べたら、書き込んで、何度も読み続けることをお勧めします。

問題集が基本・標準と段階がある場合はどの問題集を使ったらいいですか?

国語の勉強法を探しているところ、このサイトを見つけました。
さて、現代文の勉強法で問題集を一冊とおっしゃいましたが、基本・標準と段階がある場合はどの問題集を使ったらいいですか?
また、センター試験まで50日を切りましたが、今から始めてまだ間に合いますか。

あなたの偏差値はいくつですか?
もう何もわからない状態です!という以前の私のような方でしたら、基本編を購入し、標準に移行された方が良いと思われます。
しかし、基本編を何度も読んでいけば、現代文を理解できる感動が来るはずです。
それからは、現代文が好きになって、得意科目になるはずですね。

なんでも基本がもっとも大切です。
基本だから、買っても成績が上がらないか、応用編を解いたら成績が上がるのか?
そんな法則は存在しません。

ドラクエ(古い・・・)のパート1とドラクエの新シリーズとやっていることは何も変わりません。
ただ、テーマや見た目が変わっているだけです。
そしてちょっと複雑になっているだけ。
基本を大切にして、解いていく方法が良いと思われます。

あとの質問は、私には答えようがありません。
50日を切っても、毎日20回読んでいる人は、現代文を1,000回読んで成績が上がるかもしれません。
50日あっても、1日おきに5回読んでいる人は、たぶんやる気のない人でしょう。

本サイトの方に、目標設定やそのために何を差し出すかの部分を書きました。
あなたが必ず合格をしたいのなら、何も関係なく、死に物狂いで取り組むべきです。

結果は後からついてきます。

勉強法は英語の長文などにも応用できますか?

こんばんは。
話が大分ずれてしまうのですが、この勉強法は英語の長文などにも応用できますか?

もちろんできます!
英語の長文は、簡単な文章を英語にしているだけですね。
もしかして、英語の長文が訳されていたら・・・・・・・・・・・

小学校の現代文のレベルの文章ではないですか?

なら、文章は難しくないはずです。

英語の場合は、最初に、英文法の有名な先生の参考書1冊買い、それを毎日1章ずつ読み続ける。
毎日1章なので、簡単ですね。

そして、長文を10回読むこと。

これを繰り返せば、英語の文法や言い回しが頭に入ってきます。
そして何度も何度も繰り返し、おこなうことで、いつもとは違った自分に変化していきます。
気が付いたら、英文法や英単語が自分の中に入っていて、スイスイ読めるようになるはずです。

がんばってください。

物語文も同じようにしていいのでしょうか?

同じ文章を10回一週間読むと書いてありましたが1週間たったら、違う文章にいっていいのでしょうか?
また物語文も同じようにしていいのでしょうか?
わからない単語があった場合、最初に読むとき調べていいのでしょうか?

毎日10回読み続け、1週間で理解できていると感じたなら、次の文章へ変わっても良いと思います。
しかし、コツというか、勘違いされたら困るのは、
文章の数を多く読んだ方が偏差値が上がるというわけではないということ
です。

この勉強法は、同じ文章を読み続けて、理解力をつけていく方法です。

20個の文章を10回ずつ読むのと、
10個の文章を20回ずつ読むのでは、同じ文章を何度も読み、より文章に対して理解を深めていく後者の方が良いと思われます。

特に、私のように偏差値37という素晴らしい偏差値を経験した人であれば、基礎を固めるしかありません。
ゆっくりと確実に学びましょう。

カメのようにゆっくりとコツコツがいいです。