駿台記述模試で国語偏差値29でした。

駿台記述模試で国語偏差値29でした。
現代文が凄い出来ないので何回もキャッボールしようと思うのですが、 記述とかも出来るようになるものでしょうか?

三世さん、大丈夫です。
私も偏差値30台を連発したことはありますが、最後のセンターで見事80割を取りました。

さて、内容の件ですが、あなたは自分自身のことを文章で書くことができますか?
または誰か友人の紹介文を書けますか?
書けるはずです。
なぜ、紹介文を書けるのか?それは自分自身のことやご友人のことを知っているからです。

現代文も同じことです。
問題にでてくるあの長い文章の中で作者が何を言いたいかを理解すれば、友人のことを理解しているのと同じことです。
出題された文章を何度も繰り返し読み、内容を理解すれば、記述式もマーク式も関係ありません。

がんばって!
予備校の先生が言っていましたが、偏差値55が70になることは難しいが、偏差値40以下の子は、勉強の方法さえ知れば一気に偏差値60、70もすぐに行けると言っていました。
私もそう思っています。

偏差値29ということは、まだ何もやっていない白紙の状態と思って、基礎から始めれば一気に階段を登れますよ。

問題集が基本・標準と段階がある場合はどの問題集を使ったらいいですか?

国語の勉強法を探しているところ、このサイトを見つけました。
さて、現代文の勉強法で問題集を一冊とおっしゃいましたが、基本・標準と段階がある場合はどの問題集を使ったらいいですか?
また、センター試験まで50日を切りましたが、今から始めてまだ間に合いますか。

あなたの偏差値はいくつですか?
もう何もわからない状態です!という以前の私のような方でしたら、基本編を購入し、標準に移行された方が良いと思われます。
しかし、基本編を何度も読んでいけば、現代文を理解できる感動が来るはずです。
それからは、現代文が好きになって、得意科目になるはずですね。

なんでも基本がもっとも大切です。
基本だから、買っても成績が上がらないか、応用編を解いたら成績が上がるのか?
そんな法則は存在しません。

ドラクエ(古い・・・)のパート1とドラクエの新シリーズとやっていることは何も変わりません。
ただ、テーマや見た目が変わっているだけです。
そしてちょっと複雑になっているだけ。
基本を大切にして、解いていく方法が良いと思われます。

あとの質問は、私には答えようがありません。
50日を切っても、毎日20回読んでいる人は、現代文を1,000回読んで成績が上がるかもしれません。
50日あっても、1日おきに5回読んでいる人は、たぶんやる気のない人でしょう。

本サイトの方に、目標設定やそのために何を差し出すかの部分を書きました。
あなたが必ず合格をしたいのなら、何も関係なく、死に物狂いで取り組むべきです。

結果は後からついてきます。

本当にできるようになりたいです!じゃなくて、なります!! どうか、教えてください。

はじめまして。現在高1でMARCHレベルの私立を目指しています。
先日、河合塾の全国模試を受けて、国語が自己採点で200点中31点という点数を取ってしまい、自分の実力の無さに気づきました。
難関大学を目指しているのにこんな状態じゃヤバイ!!!と思って私は現代文を本気で勉強することを決意しました。だけど勉強方がわからなくて途方に暮れていたとき、このサイトに出会いました。

全文読みました。私に当てはまっていることかなりありました!そして私もやってやろうという気持ちになりました。
すみません、長くなりました。
ただ、貴方がこのサイトを作ってくれたことに感謝したかったんです…。

質問ですが、問題文を何回も読むというのは、ただ普通に読んでいるだけでいいんですか?
塾の先生は大事なところに線を引くだとか言い換えていっていることはイコールで結ぶとか言っています。
本当にできるようになりたいです!じゃなくて、なります!!

どうか、教えてください。

ホームページについて、褒めていただいてありがとうございます。
塾の先生が言われていることはわかります。

しかし、良く考えて下さい。
私も信じられない偏差値37をゲットしたものです。その偏差値37の人間が引いた線やイコールで結んだ箇所が正しいと思いますか?
余計にややこしくなり、もしかしたら、ぜんぜん違う部分に印を書き、後の設問を解くときに余計に惑わされてしまうかもしれません。

でしょ?
理解できていない人が知ったかぶりをして、みんなの前で話しているようなものです。
塾の講師の方は、国語のできる人なので、問題に慣れているので、そういったコツを言いますが、
もっと重要なわかならい人の気持ちがわかっていない
から、そう言うのでしょう。

繰り返し、読むことでいいです。
余計な印を書くのは止めて下さい。
何度も読み、繰り返して読み、理解していく過程を経験して下さい。

質問文の最後に、とてもいい言葉がありました。
『本当にできるようになりたいです!じゃなくて、なります!!』
そうですね。
あなたはいきなり3歩は成績アップに近付きました。

そうです。
なります!の言葉を毎日繰り返し、思いこみ、気が付いたら「できるようになっていた!」と感じて下さい。

あなたは、必ずできるようになります。
偏差値37の私が、現代文を克服したのです。大丈夫です。

物語文も同じようにしていいのでしょうか?

同じ文章を10回一週間読むと書いてありましたが1週間たったら、違う文章にいっていいのでしょうか?
また物語文も同じようにしていいのでしょうか?
わからない単語があった場合、最初に読むとき調べていいのでしょうか?

毎日10回読み続け、1週間で理解できていると感じたなら、次の文章へ変わっても良いと思います。
しかし、コツというか、勘違いされたら困るのは、
文章の数を多く読んだ方が偏差値が上がるというわけではないということ
です。

この勉強法は、同じ文章を読み続けて、理解力をつけていく方法です。

20個の文章を10回ずつ読むのと、
10個の文章を20回ずつ読むのでは、同じ文章を何度も読み、より文章に対して理解を深めていく後者の方が良いと思われます。

特に、私のように偏差値37という素晴らしい偏差値を経験した人であれば、基礎を固めるしかありません。
ゆっくりと確実に学びましょう。

カメのようにゆっくりとコツコツがいいです。

高校1年である私は普段から、毎日10回読んだら、成績が上がりますか?

出口の超基礎編を何回も使い続けた方がを買ったんですが、全部の項目を10回読んだら、基礎編を買った方がよいのですか?
このサイトは受験向けのサイトですが高校1年である私は普段から、毎日10回読んだら、成績が上がりますか?
是非、教えてください?

あなたは、目標はなんですか?
偏差値を70にすることですか?

目標の大学に合格することのはずです。
それをまず理解して下さい。

合格したい大学の目標設定をおこなってください。
それから、現代文がネックであれば、10回問題集を読んでください。
出口の超基礎編でも、問題集は何でも良いです。
とくに指定はしません。

高校1年生の方なら、現代文を1日10回読み、日本史の教科書を1日5回読み、数学の問題集を1日に3問解き、英語の長文を10回読み、英文法の参考書を1日5回読めば、何も恐がることはないでしょうね。
私は、浪人している頃に、
『この繰り返し法を高校1年生の頃からやっておけばよかった』
と思いました。

あなたはチャンスがあります。
ぜひ、始めてください。

この勉強方法を試しているのですが、なかなか結果が出ません。どーすれば良いのでしょうか?

この勉強方法を試しているのですが、なかなか結果が出ません。どーすれば良いのでしょうか?

あなたはどれぐらいの文章を読みましたか?
毎日10回読んで、半年間続いていますか?
1年間続いていますか?
理解するまで読んでいますか?
簡単に偏差値を上げるための勉強法ではありません。

気持ちをリセットし、大学合格へ向かう勉強法です。
集中し、「合格できる」と毎日唱えていますか?
目の前に「●●大学合格」と書いてありますか?

何度も理解するまで、同じ文章を読み繰り返して下さい。
好きになってくるでしょう。
そして、ゆっくりと結果がついてきます。
あきらめずに、続けて行くことが重要です。

出口の超基礎編終わったら、次の基礎編を買った方が良いのですか?

出口の超基礎編終わったら、次の基礎編を買った方が良いのですか?
それとも、使い続けた方が良いのですか?

超基礎編を何度も読みましたか?
それがポイントです。

問題集は何冊も解いていけば、偏差値が上がるということはないです。
試合を何試合もおこない、何もチェックや改造をしないままに、バットを振り続けても名選手にはなりません。

超基礎編のすべての文章を100回読んだのであれば、すべての文章を理解しているのなら、次の問題集を買っても良いと思います。

結果が早く欲しくなり、早く問題集を解いて行けば、スピード感があり、できるようになっている感じがします。
しかし、それは正解でしょうか?
ゆっくりでいいのです。
あなたの目標はなんですか?
合格ですよね?
ゆっくりと合格へ向かえばいいのです。
何度も自分の中で「おれは合格する」と唱え、実際に「合格できる」と思えるようになれば、ゆっくりと焦らずに勉強ができるようになります。

ゆっくりと焦らずに勉強に向かいましょう。

そこで質問なのですが、同じ文章を何度も読むというのはどのタイミングで新しい文章を読むのに切り替えればいいんでしょうか?

こんばんは。
今日模試を受けて自己採点した際に、現代文の結果がとても悪く、これじゃ駄目だと思いいろいろ調べた結果このサイトに行き着きました。
さっそく、10回読むという勉強法をやってみたいと思っています!
そこで質問なのですが、同じ文章を何度も読むというのはどのタイミングで新しい文章を読むのに切り替えればいいんでしょうか?
たとえば自分の中で100%理解した!と感じたら、新しい違う文章をまた一日10回読めばいいのでしょうか?
お返事よろしくお願いいたします。

理解できたら、次の文章へ変わってOKです。
しかし、勘違いされては困るのは、

「多くの文章を読めば、現代文の偏差値が上がる」

ということはありません。
同じ文章を100回は読みましょう。
理解する行為を学ぶことが重要です。

現代文の成績を上げるために、有名な人の文庫本を100冊読んでも偏差値が上がるとは言えません。

少しずつ理解していく方法を学びましょう。
1つの文章を100回は読み、理解する方法を学ぶことが重要です。

問題文を10回読むのって書いてありますが問題文とは何の事ですか?

私は今、かつてあなたがそうだったように国語の偏差値が40を下回っています。理解力が全くといっていいほどありません。
問題文を10回読むのって書いてありますが問題文とは何の事ですか?
私はまずそこから理解できておりません・・・・。

少しずつ理解していくことがとても重要です。
かつての私も同じです。偏差値40以下の人間は、似たようなはずです。

さて、問題文とは、出題された長文のことを指しています。
問題集を買い、見ると
「次の文章を読み、問題に答えよ!」
と書いてありますが、これは問題文でもありますが、この1行を何度読んでも何もかわりません。

出題された長文を何度も繰り返し、読みましょう。

最初は、ちんぷんかんぷんのはず。
私も実際にそうでした。
本当かよ!と思いながら、ただ読んでいました。

好きなジャンルの問題文と出会ったりすると、もっと効果的であると思います。

こんにちは。現代文は好きですか?

こんにちは。現代文は好きですか。私はまあまあ好きです。

私は高校の3年間、大嫌いでした。
自慢ではないですが、偏差値37を取って、高校で後ろから2番目の教科を好きな人はいません。

しかし、理解できると好きになっていくものです。

上手になると、楽しくなります。
部活なんかで、キャプテンをしている人は、部活が楽しくてしょうがないはずです。

好きになること、得意になることは、とても密接な関係です。
しかし、好きになっていく途中は、なかなか大変です。
理解して好きになりましょうね。

『今度はどんな文章が読めるのだろう!』
と思えるまでに好きになると、いいですね。