勉強法①

スポンサードリンク

国語の偏差値を37から65にアップした勉強法を説明します。

現代文について、今まで
①大学受験国語現代文の前に
②国語を考える
③高校の先生に言われて試した現代文勉強法

以上のページでいろいろな角度で考えてきました。

受験勉強ばかりではなく、少し別の角度から受験科目というものを観察でき、息抜きが出来ましたか?
でも、非常に大切なことを伝えたつもりです。

サブロー

私の経験がすべて詰まっているからね!!

それでは本題に入ります。

現代文勉強法をこれから書いていきます。

さて、現代文勉強法へ入りますよ

この現代文勉強法は、私の国語の偏差値をアップさせて
「国公立大学合格への道」
を実現してくれた勉強法です。

サブロー

最初は私自身が驚きました!!

国語が苦手だった私、
現代文がまったく理解できなかった私が、
なんとセンター試験で160点を取得できた方法です。

うそ偽りはないので是非試してみてください!!

では、説明していきましょう。

まず、国語の現代文の試験とは何かを思い出してみてください。

何を問われているのか?

あなたは答えられるようになっていますか?
今までのホームページの中にすべて書かれています。

文章を理解してきましたか?

『現代文とはどんな教科か? 何を問われているのか?』
を、実際に理解しただけでも、国語の偏差値はアップします。

現代文という教科を改めて知ると・・・

国語の現代文の試験の肝心な部分は
「与えられた時間に問題文の内容を理解すること」
です!

これ以上でもこれ以下でもありません。

評論文、小説など関係なく、どちらでも文章の中身を理解しているのかどうか?
がポイントです。

サブロー

あなたはわかっていますよね?


問題文の読解ができるかできないかで偏差値が変わります。
現代文はそこだけです。

天使

実は単純なの

では、文章を理解できるようにすればいいのです。
でしょ?
(簡単に言いすぎですか?)

そこが国語の試験で問われているところです。

スポンサードリンク

私の伝える勉強法は何ができるのか?

私の勉強法では文章を理解することができるようになります。
というか、私は理解できるようになりました。

手順です。

問題集を1冊準備してください。
ここが第一歩!

どんな問題集でも良いです。
どこの出版社が出しているなんて特定しません。

現代文の問題集を準備してください。

参考書ではなく、問題集です。

できれば、センター試験の過去問や志望校の赤本は避けてください。
これは本番前に最終調整で使用するのでまだ保管してください。

では問題集は準備できましたか?

たぶん1つ目の文章を見ると、小説ではなく、評論文が最初に出てくるはずです。

評論文が2ページぐらい書かれていますね。
評論文でOK。

その評論文を読んでください。
(え?それだけ)

そうです、それだけです。
(??????????)



スポンサードリンク

6件の感想

  • もも

    すごいですね!私も、本を読むことが大事だと思っていたのですが、その勉強法、いい!と思いました!(^○^) 早速やってみます!いきなし、1日10回はきついので、自分が出来る範囲で、どんどん読む回数を増やしていきたいです!ありがとうございました!(^○^)

  • やまだ

    初めて読む文を理解し解く方法が知りたいです。
    例えば接続語の意味、言い換え表現、設問を確認するタイミング。この表現は特に重要な事が書かれやすいとか。
    同じ文章をただ何回も読むのは、「その文章を理解する」という作業であって、「初めて読む文の問題を解く」とは異なると思うんですが。

  • M

    小説の場合も同様ですか?

  • ホヌ

    私もめちゃくちゃ現代文苦手です。なのでこの方法を続けていきたいと思うのですが、◯◯字以内にまとめなさい。という定期テストで出るような説明やまとめる問題ができません。こういうことを言いたいんだな。ということは大体わかるのですが、それをうまく決まった字数でまとめられません。どういった方法で勉強したらいいですか。

  • しゅん

    音読ですか?

  • こんにちは。以前このブログを読み、現代文への取り組み方と勉強法を知り、実行して実際に偏差値は10〜15位上がりました。本当に感謝しております。
    この勉強法を自分のブログに書きたいのですが、私の考えた勉強法ではないのでこのホームページのurlを貼りたいのですがよろしいでしょうか?

コメントを残す




CAPTCHA