現代文って?一番最初に学ぶこと

スポンサードリンク

勉強法について解説を始めますね。

さあ、深呼吸~
スー、ハ~
って。

じゃあ、ゆっくりと説明しますね。

問題集を1冊準備します。

この問題集についてですが、『何でも良い』と勉強法のページに書きました。

ウソではありません。

現代文勉強法初心者のアナタがどんな文章について、アレルギーを持っているのかどうかは知りませんが、何でも良いですよ。

まずは、試験に出題されるような文章が目の前にあればOKです。

『でもさ、問題集にも、超基礎編や応用編もあるよね?』

『早慶狙い、難関国公立編とか、いろいろあるよね?』

『どれがいいの?』

なんて問い合わせを受けたこともあります。

では、回答しますね。

問題集の難易度はどのレベル?

私は、最初に購入した問題集は基礎レベルの問題集でした。

その問題集をなんの疑いもなく、10回繰り返し読みました。

ただ、難関国公立編の問題集を買って、1ページ目を開いた文章が、そこまで複雑な文章が書かれているかと言えば疑問です。

そこまで文章で『複雑、難解』ってものはないと思います。

試験として、難しくするには文章よりも設問を難しくした方が良いからです。

ここまで書いて思うのですが、私のホームページで書かれている

『文章』『問題文』というのは
⇒試験の評論文や小説など、理解しないといけない、長文のことを言います。
いわゆる、『次の文章を読み、以下の設問に答えよ』の文章のこと。
私のホームページで『設問』と言っているのは、
いわゆる、
設問1、以下の感じを答えよ

設問2 筆者のもっとも伝えたい言葉とは違っている内容はそれか?ア~エのうち、1つを選べ

などのような問題については『設問』と書いています。

混同しないように注意して下さいね。
大丈夫ですね。

もしかしたら、ここで『そういうことね、やっとわかった!』という方もいるかもしれません。

この前、このホームページの中の『みんなからの質問と答え』へのメールで

『試験の問題
傍線部A「○○○○」とあるが、それはそういうことか。その説明としてもっとも適切なものを次の①~⑤の中からら1つ選べ。
を10回読んでから回答すれば良いですか?』

という質問が来たので、『違います、読むのは文章です』と書きました。

私が何度も何度も読んでいただきたいと言っているのは
出題された評論文などの文章
のことです。

ここ、良いですよね。

スポンサードリンク

文章を読みながらやることはあるか?

アナタは基礎編~ちょい応用編の問題集を1冊買い、目の前に準備しました。

その評論文を読みます。
1日10回読みます。

設問には答えることなく、ただ評論文を10回読んで下さい。

さあ、出たでた!

私の勉強法を疑っている方は言うと思います。

『評論文を10回読むっていうけどさ、ただ読むの?』

『何か文章のキーワードに印をつけた方がいいの?』

『接続詞に〇をつけろって、参考書に載っていたよ』

なんて言うと思います。
答えますか!!
『好きにして』
です。

あなたの問題集です。
どう書こうとアナタの自由です。

ただ、言わせていただくと、書くことはちょっと控えて、ただ読む方がいいと思います。

書くことも大切ですね。

ただ、今は練習の時、だから、何も書かずにただ読むことをしましょう。

読む練習を始めたばかりです。

実際に『現代文の文章に印を書く』という行為は、試験へのテクニック色が強くなります。

また、書くことで心理的に

『おれ、やっているよ!』
という無意味な自信がつくので、あまり薦めません。

書くことは『試験テクニック』『無意味なやっている雰囲気』があるので、最初のころは薦めません。

書くことも大切かもしれません。

ただ、ここではやらずに。



スポンサードリンク

この記事を見た方はこちらも見ています。