現代文が出来ないわけではないのですが、設問を1つに絞ることが出来ません

スポンサードリンク

こんにちは。YANと申します。
自分は、めちゃくちゃ現代文が出来ないわけではないのですが、設問を1つに絞ることが出来ません。

2つくらいには絞れます。
あ、こいつは違うな、というのも分かります。ただ、最後の一手で間違えてしまうことが多々あります。

できれば現代文を武器にしたいのですが、以上のことを解決するために、この勉強法は有効でしょうか?

質問いただきありがとうございます。
選択問題で2つまでは絞ることがでいる、ただ最後の二者択一で・・・、よくあることだと思います。

あなたが質問を作る側だったら、どう問題を作るでしょうか?
または、センター試験を作る独立行政法人大学入試センター・試験制作している大学側の方の試験作成マニュアルにはどう書いているあるでしょうか?

たぶんですが、正解を1つ、似たような選択肢を3つはちょっと厳しすぎますね。
4つの選択肢のうち、1つは正解。
1つは迷わない完全に違う選択肢。
1つは、問題文を読めば最初の方に否定しているわかりやすい選択肢。
そして、迷うための最後の選択肢。

と、こういう具合に作っているはずです。

だから、知恵袋にも、他の質問コーナーにもこのような
「最後の一手で間違えてしまうことが多々あります。どうしたら?」
という質問が寄せられます。

まずは、この問題作成の裏側を理解する。

少し離れた視点で考える。

2つに絞ったら、「えーと、マズイな」、またこのパターンだ!」
と凹まずに、「これね、ヒヒッ(笑)。ひっかける気ね。」と落ち着いて、問題文と選択肢を照らし合わせる。

テストの解説文には、絶対にここが違うために選択肢は×です。
と掲載されます。

絶対に違う箇所があるのです。

もう一度、落ち着いて選択肢を見ることを薦めます。

表現方法、言い回しをもう一度振り返り、その問題分を眺めてみてください。

選択問題は、改めて問題文を理解しているかを確認されているのです。

頑張って下さい。
2つに絞れているなら、あともう一歩です。
テクニックなんてなくても大丈夫、冷静に回答してください。



スポンサードリンク